7月27日発売、『焼酎一個人vol.1』より、新しい焼酎のスタイルを提案します。

 暑い夏は本格焼酎をロックで愉しむのもいい。美味しいロックを作る方法は「氷を入れて焼酎を注ぐだけ…」というほど単純ではない。ポイントは「焼酎を少しずつ氷に垂らして、一気に冷やす」ことにあるという。
 話題の麦焼酎「青鹿毛」や「赤鹿毛」で知られる宮崎・柳田酒造の柳田正さんに、美味しいロックの作り方を教えてもらった。
 

~作り方~
①角のない丸いグラスに氷を入れ、マドラーでグルグルと氷をかき混ぜる。
②グラスの表面が曇るまで何度もかき混ぜたら、溶け出した水を捨てる。
③焼酎を糸のような細さで少しずつ氷の上に垂らし、焼酎が氷の表面を伝わって落ちるようにする。
 

 この一手間によって美味しいロックが作れるのだ。大事なポイントは「焼酎を一気に冷やす」こと。①と②でグラスをよく冷やし、③で氷を目がけて焼酎を少しずつ垂らすことで、焼酎を一気に冷やすことが可能になる。
 この方法を使えば、焼酎バーに負けないキリッと冷えた本格派のロックを家庭でも簡単に作ることができるのだ。

柳田酒造5代目の柳田正さん

〈 7月27日発売、『焼酎一個人vol.1』より構成〉