いらっしゃいませ。
 大阪のワインショップ「mista」で店長をしている、ソムリエの竹内香奈子と申します。
 夏の暑さの中でも食欲をそそる刺激的なエスニック料理! おいしいですよね。
 では、エスニック料理をさらに美味しくしてくれるお酒があるって知っていますか? それはワインです! ワインといえばフレンチやイタリアンがよく合うと思われていますが、実はエスニック料理とも相性は抜群なんです。
 そこで今回は、エスニック料理とワインのマリアージュのコツをご紹介します。
 最近では、簡単に作れるグリーンカレーやトムヤムクンなどのキットがスーパーや無印良品で手軽に購入できるので、マリアージュのコツを掴めばお家飲みの幅が広がりますよ。自分流のマリアージュを楽しみましょう。

◆エスニック料理とは?

 エスニック料理とは、インドネシア、タイ、ベトナムなど東南アジア料理やインド、西アジア、中近東の地域の料理のことをいいます。
 近年では、東南アジアに旅行で訪れる方も多くなりエスニック料理の人気は高まっています。お土産で現地の調味料を買ってきたり、日本でも調味料も食材も簡単に手に入るので、家で気軽に食べるようになり身近となっています。
 代表的な料理と言えば、生春巻き、ナシゴレン、海南チキンライス、トムヤムクン、パッタイ、グリーンカレー、ガパオ、タンドリーチキン、タコスなどがあります。

ハーブやスパイスが刺激的なエスニック料理は、夏にピッタリ!

◆マリアージュとは?

 マリアージュとは、フランス語で結婚の意味。ワイン用語では料理とワインの相性のことを表します。ワインは料理によって味が変わり料理もワインによって味が変わるもの。2つの相性がいいと相乗効果が生まれ、ワインも料理ももっと美味しくなるのです。
 まさに結婚ですね! お互いの長所を生かし幸せな家庭を築いていくような感じです。でも組み合わせを間違えるとお互いの味が落ちてしまい美味しくなくなることも……
 では、相乗効果を得るためにはどのように合わせたらいいのでしょうか?

◆エスニック料理とワインの要素の共通点

 マリアージュのコツは、ワインと料理が持つ類似点を探すのが基本です。つまり共通点を見つけるのです。風味や香りが似ているものを合わせると自然とお互いを引き立て合い、よりいっそうおいしくなるのです。
 例えば、燻製した料理(スモークチーズ、スモークサーモン、燻製卵、ベーコンなど)は樽の香りがするワインとよく合います。お互いに香ばしいロースト香を感じるという共通点があります。

 では、エスニック料理で考えてみましょう。
 ハーブやスパイスをふんだんに使い、なんとも刺激的でクセになるエスニック料理。ワインとの相性がいいその理由は、エスニック料理のもつ「甘み、酸味、辛味」がワインの要素と似ているからなのです。

・レモングラス、パクチー、バジル=ハーブの香りがするワイン
・ライム、レモン=柑橘系の香り、酸味のあるワイン
・スイートチリソース、ココナッツミルク=甘酸っぱいワイン、ほんのり甘いワイン
・唐辛子、ニンニク、生姜=スパイシーなワイン

 このようにワインの中にも、スパイスやハーブの香りと味わいをもつものがたくさんあります。それらの要素は、エスニック料理とお互いの良さを引き立て合い、最高の相性となるのです。

次のページ エスニック料理とワインのマリアージュのコツ