【旅行安全守】

授与所 方違神社

ご利益 旅の安全

初穂料 700円(税込)
 

 その歴史は非常に古く、紀元前90年といわれる、堺市の方違(ほうちがい)神社。その名のとおり、ここは、方災除の神社として知られている。昔から神道では、北東と南西は鬼門の方角といわれ、悪い方向に向かう時、いったん別の方向に移動して、方違(かたたがえ)をし、悪い方向を避けてから目的地に移動するという習わしがある。 この神社は河内、摂津、和泉の三つ国の境に位置し、それぞれの国から見ると、鬼門の方向が変わって方災が相殺されるため、方角のない聖地と考えられてきた。

 その聖地で見つけたのが、旅行安全守(りょこうあんぜんまもり)だ。表には世界地図、裏面には方違神社の名前とともに、さまざまな乗り物が描かれている。 旅行好きの宮司、神山眞弓さんのアイデアで、なんと堺駅を通る南海電車の特急「ラピート」も描かれているではないか!地元民だけでなく、電車ファンにも人気のお守りというのも頷ける。「旅だけでなく、引越しや転勤、出張などのお守りとしても使っていただいています」と神山さん。ブルーの世界地図と乗り物の絵柄が爽やか、かつ、可愛らしくて、ユーモラス。旅心をくすぐる心憎いデザインである。