薄着になる夏、身体のラインが気になる方にオススメなお酒といえば焼酎。他のお酒に比べカロリーが低いため、太りづらいのです。
 さらに焼酎は、飲み方が多彩で、ロック、水割り、お湯割り、ソーダ割り…さまざまな味わいが楽しめます。
 そこで、焼酎のエキスパート「焼酎唎酒師」が、原料別に、今おすすめの焼酎をご紹介。いずれも2500円の以下で、とてもコスパの高い逸品ばかりです。

焼酎唎酒師とは…
「焼酎唎酒師」は、焼酎に関する様々な知識力、正確な香味鑑定力、より付加価値の高いサービス・セールス力を備えた提供者。いわば「焼酎のソムリエ」で日本酒サービス研究会・酒匠研究会(SSI)が認定する資格。

『武者返し』

『武者返し』寿福酒造場/熊本県

 明治23 年(1890)の創業以来、「蒸留酒は熟成させてこそ、まろやかで芳醇な風味を醸す」がモットー。特に常圧の焼酎は寝かせることによって深い味わいとなるためレギュラー焼酎でも2年半〜3年間熟成させる。
 原料は地元産新米100%。全工程を手作業で行なっているため大量生産こそできないが、四代目の寺福絹子さんを中心とした家族経営ならではの、丁寧な仕込みが長期の熟成に耐えうる上質な焼酎を生み出し、食中酒としても豊かな真価を発揮する。濃厚な味わいを持つ郷土の料理などとの親和性も高い。

“焼酎唎酒師テイスティング”

 玄米、キノコ、米飴、蜜蝋、くるみ、白味噌などに喩えられるような、米、および米麹由来の豊かな香りと、熟成由来の複雑な香りが融合。また、厚みのある飲み口、コクのある濃醇な味わい、長い余韻も『武者返し』ならではの魅力だろう。
 飲み方としては、45℃前後に仕上げたお湯割りで味わうのが特におすすめ。香りと味わいのふくよかさが十二分に引き出される。鰻の蒲焼き、キンキの煮付け、猪鍋、などのほか、熊本県の郷土料理である「豆腐の味噌漬け」とのペアリングも、ぜひお試しを。

おすすめの飲み方/ロック、お湯割り

度数:25度
原材料:米、米麹
価格:2200円(1800㎖)
住所:熊本県人吉市田町28-2
電話:0966-22-4005

 

『特酎米製 天草』

『特酎米製 天草』天草酒造/熊本県

 特酎米製『天草』は、自社栽培の酒造好適米『西海134号』を原料に、丁寧に仕込まれる。また原料の特徴を活かすため、過度な濾過をかけず、長期間熟成させる。骨太な焼酎に仕上がる上、さらに貯蔵によってまろやかな酒質が楽しめる。

“焼酎唎酒師テイスティング”

 透明感高く、スッキリした印象の原料香は、洋梨、白桃などの果実に例えてもよさそう。
 実にスムーズな飲み口で、苦味など刺激的要素の少ないなめらかな味わい。
 さまざまな料理を引き立てる食中酒として広く活躍してくれるだろう。

おすすめの飲み方/ロック、水割り

度数:25度
原材料:米、米麹
価格:2200円(1800㎖)
住所:熊本県天草市新和町小宮地11808-1
電話:0969-46-2013
http://ikenotsuyu.com/

 

『もっこす』

『もっこす』松の泉酒造/熊本県

 表銘柄のひとつ『もっこす』は、古酒をブレンドして個性を強調したもので、ロックに適した造り。蔵に隣接する自社田では田圃の要所に備長炭を埋めて土と水の質を高め、蔵人達による農作業で、焼酎用の米が丹精込めて作られている。

“焼酎唎酒師テイスティング”

 精白米のような軽やかな香り、なめらかな飲み口、ゆっくりと広がる自然な旨味が特徴。
 どんな飲み方にも対応できる汎用性の高さがうれしい。
 また、魚介料理や野菜料理といった、健やかな滋味あふれる料理と好相性を示すのも大きな魅力だ。

おすすめの飲み方/ロック、お湯割り

度数:25度
原材料:米、米麹
価格:2000円(1800㎖)
住所:熊本県球磨郡あさぎり町上北169番地1
電話:0966-45-1118
www.matsunoizumi.co.jp

焼酎唎酒師 長田 卓
日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)理事兼研究室長。主に酒類、飲食などの調査研究、ソフト開発を担当。唎酒師、焼酎唎酒師など各種講演会においてテイスティング部門の講師も務める。焼酎関係の主な監修として、『焼酎手帳』(東京書籍)などがある。

〈『焼酎一個人』より構成〉