洋服がシンプルになる季節だからこそ、小物使いの出来がコーディネイトの完成度を大きく左右する。
でも片っ端から買うほど予算に余裕がない…という貴方のために、時季別に優先順位をつけてご紹介!
写真を拡大 Tイチでは心もとないので、薄手のシャツをさらり。そんなスタイルにはまず、全体のワンポイントになるものから揃えよう。

 

【買うべき優先順位 第5位】
軽量なトートバッグ

写真を拡大 軽量ながらもしっかりとしたキャンバス地。アイコニックなデザインモチーフも好印象だ。【ブランド:ホンキートンク ウィーク】

 リュック人口が増えすぎた今、あえてのトート!

 特にライトウェイトなものに注目度が急上昇。リュック一辺倒だった昨今だが、この夏は変化が見られているのもその理由だ。「ギャラリーやアーティストとのコラボも多くzineのような感覚で買っています」(高村 潤さん/シップス ジェット ブルー・プレス)「夏はバックパックよりもトートのほうが使い勝手が良くおすすめです」(石黒祥平さん/アドナスト・プレス)

写真を拡大 Tシャツでもトレンドなブランドロゴはアクセントにもなる。【ブランド:ザ・ノース・フェイス】
写真を拡大 歌舞伎風のプリントがユニーク。夏だし、こういう遊びがあっても◎!【ブランド:ボヘミアンズ】
写真を拡大 ショルダーやバックパックとしても使える2WAY、3WAYを探すのもアリだ。【ブランド:LLビーン】

 

【買うべき優先順位 第4位】
ナイロンベルトの時計

写真を拡大 スポーツ&シックを背景に持つフレンチブランド。丸みのあるクッションケースが象徴的で上品さも漂う。【ブランド:ブリストン】

涼し気な見た目で、夏の腕周りのアクセントに

 適度な軽量感でラバーと並び夏ウオッチの二大風物詩。定番のミリタリー系以外にも近年は種類が豊富だ。「アウトドアイベントが増える季節、ナイロンのミリタリーウォッチは最適」(石黒祥平さん/アドナスト・プレス)「自転車通勤で汗をかいたり汚れた場合、取り換え可能なのが嬉しいですね」(太郎館季道さん/カーツ・プレス)

写真を拡大 北欧系デザインはベルトだけでなく、文字盤の見た目も涼し気。【ブランド:ダニエル・ウェリントン】
写真を拡大 ナイロンベルトの時計と言えばやっぱりミリタリー。間違いない選択。【ブランド:タイメックス】
写真を拡大 ナイロンベルトの中でも今季プチブレイクしているミックスカラー。【ブランド:ハイパーグランド】

 

次のページ 続いて、ベスト3を発表!