戦後民主主義のヒーローとしての信長の真実の姿は歪められている?真実の信長像を知ることで、新たな日本史の歴史観が構築される! 気鋭の保守の論客倉山満が挑む新境地! .絶賛発売中の『大間違いの織田信長』(KKベストセラーズ)を上梓した、倉山満氏が人間信長の魅力に迫る!

信長は戦争の天才だったのか?

 そもそも、天才って何なのでしょうか。色んな定義があるでしょうが、信長は戦争に関しては如何なる意味でも天才ではありません。

 むしろ、泣きたくなるくらい弱くて下手です。

 信長天才説を説く人が必ず持ち出すのは、長篠の戦いでの鉄砲三段撃ちです。だったら、それ以前の石山本願寺の六段撃ちはどうなのか。

 世の中には「信長は戦争に強かった。だ・か・ら・信長は天才である」と言いつつ、別のところに行ったら「信長は戦争に弱かった。だ・か・ら・天才である」と二枚舌を使う方がいらっしゃいますが、そういう方の話の特徴は、結論を決めた上で事実を分析するので、話をすればするほどデタラメになっていくだけですので、聞くに値しません。

 戦争に強かったか弱かったか、どの側面を見て評価を下すか、どの事実やインフォメーションを取り上げて、どういうインテリジェンスを下すかによって結論が変わるはずですが、そこに存在する事実は一つです。

 では事実はどうかと言うと、信長ぐらい負けた人物はいません。色々な数え方がありますが、大体のイメージとしてとらえてください。

 戦国時代、最強と言われた武田信玄が50勝2敗くらい、上杉謙信が70勝0敗くらいです(1敗とか2敗と数える人もいます)。

 この二人が生きている間、信長は絶対に直接対決を挑みませんでした。挑発されても、ひたすら土下座をしてお引き取り願う、という姿勢で貫き通しました。

 最後は戦わざるを得なくなるのですが、そうなるまでは徹底的に決戦を回避しようとします。

次のページ 信長が土下座する理由とは?