長男を東大とイェール、次男を難関国立大学医学部、わが子をそうそうたる名門校に送り込んだ母・小成富貴子さん。「勉強しなさい、と言ったことがない」という小成さん独特の教育法とは? 初の著書『究極の育て方』より、お母さんが背中で示すことの重要性を紹介します。

なぜ? 息子がイェール+東大W合格の母「『勉強しなさい』はNGワード」

過去問もみんなで解いてみる

 高校受験・大学受験の過去問は、親子三人で解いていました。
 まず、過去問を3部コピーします。そしてタイマーを用意し、主人と私と子どもとで「いっせーのせ」でスタートします。

 次男の高校受験のときは、毎回英語は私が一番、数学は主人が一番、国語は次男が一番という結果になりました。

 得意分野がみんな違っていたのがよかったようです。私は数学があまり得意ではなかったので、「どうやって解いたの?」と主人に教えてもらいました。母親の私がどんどん質問するので、反抗期の次男も主人に素直に教えてもらっていました。

 国語の先生はもちろん一番得意な次男です。私が「どうしてこの問題はこれじゃだめなの?」と聞くと、わかりやすくその理由を教えてくれました。

 このようにそれぞれが得意科目の先生になり、教え合うことで、過去問を効率的に解き、知識を定着させることができました。

次のページ 母親も資格試験など「自分の勉強」を