戦後民主主義のヒーローとしての信長の真実の姿は歪められている? 真実の信長像を知ることで、新たな日本史の歴史観が構築される! 気鋭の保守の論客倉山満が挑む新境地! .絶賛発売中の『大間違いの織田信長』(KKベストセラーズ)を上梓した、倉山満氏が人間信長の魅力に迫る!

信長は革新的な人物だったのか?

 次に、信長は革新的な人物だったのかという問題に移りましょう。

 よく言われる革新的なことは、信長オリジナルではないことばかりです。

 関所を廃止して交通の便を良くしいちいち国境を通過するときに取り調べしなかったとか、楽市楽座で特権商人たちの組合を潰して自由商売をやらせたとか、ちゃんと検地をやって税金に充てる年貢を取れるようにしたとか……。

 全て、信長が発案したことではありません。

 あるいは、抜擢人事で、どこの誰だか分からない農民の羽柴秀吉や、一応名門のようだけど浪人の明智光秀、忍者説もある素性のしれない滝川一益(かずます)、そういう名もなき人間をトップクラスの重臣に取り立てていくなんて、すごい抜擢人事だ、革新的だ、と言われます。が、くどい様ですが、抜擢人事だって信長が初めてではありません。三好家だって、どこの誰だかよく分からない松永久秀を抜擢し、登用しています。その結果、力を付けた久秀に家を滅ぼさ れてしまいましたが。

豊臣秀吉像(狩野光信筆 高台寺蔵)

 ちなみに、戦国時代では抜擢人事をやった家は全部滅びています。典型的なのが豊臣家で、さらに典型的なのが織田家です。皆さん勘違いしていますが、織田家を滅ぼしたのは、明智光秀ではありません。豊臣秀吉です。明智光秀は信長と長男を殺しただけですが、生き残った人たちを殺したり失脚させたりしたのは、豊臣秀吉ですので。

 戦国で抜擢人事をすると何が危険かというと、諸刃の刃だからです。優秀な部下ほど、自分の家を乗っ取る可能性があります。ですから徳川家は、昔ながらの信頼できる人たちだけで三河武士団を作るわけです。「今いる人を最大限に使おう」が家康でした。そして皆が働くので、能力と成果で査定すると年功序列になったのです。

 ただし、信長に独創的なものが何もないからダメ、と言っているわけではありません。信長の真骨頂は、創造ではなく工夫です。オリジナリティにこだわらないところが強みでした。「別に、人まねでいいじゃん、特許があるわけではないし」と割り切れたのが信長の強みです。

『大間違いの織田信長』(著・倉山満)より構成〉

明日は『信長は努力と根性で戦った!!』

大間違いの織田信長⑥信長が生きた戦国時代です。