イラスト/フォトライブラリー
『江戸の性事情』(ベスト新書)が好評を博す、永井義男氏による寄稿。

 畜生道(ちくしょうどう)という言葉がある。人倫上、許し難い性的関係のことで、近親相姦などをさす。 

 宝永元年(1704)二月十九日、初代の市川団十郎が市村座の舞台で、役者の杉山半六に刃物で刺殺されるという衝撃的な事件がおきた。
 町奉行所に召し捕られた半六は、「恨みがございました」と答えるだけで、あとはいっさい言わない。
 奉行所は歌舞伎の関係者にも尋問したが、みな、「さあ、心当たりはございません」と、途方に暮れている。
 けっきょく、恨みの内容は不明なまま、杉山半六は処刑された。
 
 おおやけには初代団十郎殺害の動機は不明だったが、実際は歌舞伎関係者のあいだでは、背景に性的な醜聞があったのは周知の事実だった。歌舞伎界の恥であるため、みな口をつぐみ、もみ消したのである。
『江戸著聞集』(宝暦七年)によると、性的醜聞とは以下の通りである。

 杉山半六はもともと身持ちが悪く、同居する伯母とも関係していた。たまたまこのことを耳にした市川団十郎が心配し、ひそかに半六を呼び寄せ、こんこんと意見した。
「世間に広まる前に、きっぱりと縁を切りなさい」
「身に染みてわかりました」
「一緒に住んでいるから、こういうことになる。ともかく、住まいを分けることじゃ」
 団十郎は自宅に伯母を引き取った。

次のページ 二人の仲は引き裂かれたように見えたが……