<第33回>

5月×日
【「旅行先でなぜかケチになる」(後編)】 

前回からの続き。「旅行先で、ものすごくケチになる」という奇癖を持つワクサカさんが、旅行先の京都でグーグル検索をしてみたら…)

 

この奇癖は、特に国内での旅行の際、顕著に現れる。

せっかく旅行に行くのだから、使うべくところにはお金をかけて、観たいものを観て、食べたいものを食べよう。旅の始まりは、必ずそう決意する。ところが旅先に降り立った途端に、財布の紐が、頑丈に締まる。滅多なことでは財布の口は開かなくなり、開くとしても心の中で第二認証パスワードを求められるほどである。

ケチの化け物と成り果てた自分が、旅先でいつも歩いている。

 

iPhoneにて「旅行先でなぜかケチになる」をグーグル検索。

いるいるいる、旅行先でなぜか出費をケチる、同類たちが。

そしてそれ以上にいるのが、「旅行先で出費をケチる者」と一緒に旅行へ出かけたことで、大変に不愉快な思いをした人々である。

僕は、旅行において、一番テンションが下がるケースは「同行者が歯を痛がる」だと思っているのだが、そうか、「同行者が出費をケチる」というケースも、こんなにも忌み嫌われるものであったのか…。

iPhoneをポケットにしまう。

心に影が差していた。

こんなケチな人間は、旅行をする資格などないのではないか?

 

歩き続けているうちに、龍安寺へと迷い込んだ。

龍安寺は、禅寺である。

庭園の裏手に、禅の教えが、看板に掲げられていた。

濁った目で、それを眺める。そこには、こう書かれていた。
 

「あなたはすでに、全てを持っているではありませんか」


その瞬間、心がサッと晴れた気がした。

ユー・ハブ・イナフ。アイ・ハブ・イナフ。

そうだ、僕は、すべてを持っている。

生きている。それだけで、すべては足りているではないか。

なにをケチることがあるというのだ。

すべてが足りているのに、小銭を惜しんで、どうするのだろうか。小銭を大事に大事に天国に持って行っても、誰も褒めてはくれないというのに。

僕は、救われた気持ちになった。

 

禅を用いなくちゃ解決できないほどの問題なのか、という疑問は残るが、龍安寺を出た僕の足取りは実に軽やかであった。

お金に囚われるのは、やめよう。

お金に操られていた自分を、ここで捨てよう。

京都に来て良かった、と心から思った。

 

龍安寺で得た悟りはその後二時間と続かず、僕はその夜、新幹線代をケチって、深夜バスで東京へと帰った。

 

 

*本連載は、毎週水曜日に更新予定です。
*本連載に関するご意見・ご要望は「kkbest.books■gmail.com」までお送りください(■を@に変えてください)