「ダンスでアースをハッピーに」というEXILE ÜSAの思いによりスタートした「DANCE EARTH PARTY」。E-girlsの新体制が発表され、「DANCE EARTH PARTY」もE.G.familyに。メンバーのEXILE TETSUYAは大学院に入学し、さらにダンスを研究、Dream Shizukaは先日E-girlsを卒業と、彼らは進化・変化を遂げ、新たなスタートを切る契機の新曲『POPCORN』をリリース。
 

―E-girlsの新体制が発表され、DANCE EARTH PARTYもE.G.familyになりましたが、その点についてどのような想いを抱いていますか?

EXILE TETSUYA「ShizukaちゃんがDANCE EARTH PARTYに専念することになって、僕らもE.G.familyに参加させていただくことになったんですけど、他グループと並んだ写真を見た時はÜSAさんと僕だけが男性だったので少し戸惑いを感じました(笑)。でも、LDHファミリーに男女混合グループはDANCE EARTH PARTYしかいないので、その強みも活かしていければと思っています」

EXILE ÜSA「どこにいても、僕らの世界を作れるのがDANCE EARTH PARTYですから。E.G.familyとしてもEXILE TRIBEとしても、自信を持って自分たちのスタイルのエンタテインメントを追求していきたいと思っています」

Dream Shizuka「E.G.familyの中にDANCE EARTH PARTYが入ることに対して、おふたりにもご意見をうかがったんですが、「ぜひ」というお言葉をいただけて、凄く嬉しかったですし、安心しました。どこにいてもDANCE EARTH PARTYの表現を示すことができるという私たちの強みを、E.G.familyの一員として発信していきたいと思っています」


―3曲収録するニュー・シングル「POPCORN」は、もともとどのようなイメージで制作に入ったのでしょうか?

Dream Shizuka「昨年の『DANCE EARTH FESTIVAL』で初めてライヴをしてわかったことは、もっともっとみなさんと一緒になって楽しめる曲が欲しいということだったので、このシングルはフェスに向けた1枚にしたいと思って制作しました。10月の『DANCE EARTH FESTIVAL 2017』までにリリースした曲を聴いていただければよりフェスを楽しんでもらえる。そんな想いで作ったのが、この3曲です」

 

―タイトル曲「POPCORN」は、どのような想いで制作した楽曲なのでしょうか?

EXILE ÜSA「もっともっと心を解放できて、タオルを回したりジャンプできるような曲が足りないよねってことで、この「POPCORN」を作りました。歌詞に〈Jump!右!右!左!左!左!〉ってフレーズがあったり、一緒に踊ってもらうことをテーマにした曲です。実はダンスの動きのひとつに〈POPCORN〉ってステップがあるんです」

EXILE TETSUYA「昔から馴染みのある、大好きなダンスの動きがタイトルになるのは嬉しかったですね」

EXILE ÜSA「僕が人生で最初に覚えたステップも、実は〈POPCORN〉なんです」

EXILE TETSUYA「そうだったんですね! DANCE EARTH PARTYはダンスから連想される曲を制作していくことが多いので、そういうところもパフォーマー的に幸せです」

Dream Shizuka「DANCE EARTH PARTYの楽曲はパフォーマンスしている絵が浮かぶかどうかが凄く大事だと思っているので、そこを重点に置いてトラック選びをしました」

EXILE ÜSA「とにかく弾けたかったんですよ。だから、トラックもトリニダード・トバゴのソカの中でも一番早いパワーソカのBPMをベースにしています。これでステップ踏むのは大変なことなんですけど、振りつけもいい感じにハマッたので、早くみんなで踊りたいです」


―これだけ早いBPMだと、Shizukaさんは歌うのに苦労したんじゃないですか?

Dream Shizuka「そうですね。BPMが早い曲なので、しっかりと言葉が聴こえるようにっていうところは大切にしました。あとは、Aメロは低いのにサビは凄く高かかったりレンジが広い曲なので、低いところを歌う時は重くなりすぎないようにあえて笑って歌ってみています。いろんなビートが入っている曲なので、メロディに合わせて自分自身の声色を変えたり、細かい部分での挑戦もたくさんありました」