「今さら聞けない」ニュースのキーワードについて、「分からないことはなんでも聞いちゃう」いまドキの社会人、トオルくんとシズカちゃんが第一人者の先生たちに話を聞いていきます。

2020年を境に教育が変わります。背景にあるのは?

トオル…シズカちゃん、「2020年問題」って知ってる? なんでも日本の教育が変わるらしいじゃん。

シズカ…なんか聞いたことある! センター試験がなくなるというやつよね。でも今ひとつ全体像がつかめていないの。誰か詳しい人いないかなあ…。そうだ、『2020年からの教師問題』の著者・石川一郎先生に聞いてみましょうよ。なんてタイムリーなタイトルなの!

トオル…石川先生、2020年に何が変わるんですか?

石川…具体的な変更点に触れる前に、お二人はそもそもなぜ教育界で改革が行われるかご存知ですか? 

シズカ…教育の内容が時代に合わなくなった……?

トオル…一昔前の脱・ゆとり教育に似た流れ?

石川…ざっくりとそういった認識でOKです。そしてとくに、今回の改革の背景には、安倍政権と経済界との結びつきが強く影響しています。安倍政権は経済界との結びつきが強いのですが、“ある要望”があったのです。

トオル…えっなんかいきなり大きな話だなあ。

シズカ…一体どんな要望なのかしら? 経済界って要は企業側ってことよね?

石川…そうですね。企業の経営者たちは、昨今の若い社員に対して「言われたことしかやらない」「英語を使いこなせない」という印象を持っているんですよ。

トオル…ドキッ! 僕達20代にも当てはまると思うんだけど、その2つはよく言われるよね。でもね、正直、僕達の世代だけじゃないんだと思うだよね。

シズカ…そうよ! 確かに私も当てはまるけど、上の世代だって英語を話せない人のほうが多いし…。

石川…おっしゃることはごもっともです。確かにこれら日本人の弱点はいつの時代も言われてきたことではあります。しかし、とくにこれからグローバル社会で、若い人たちにはそういった点を克服してほしいという期待があるのです。例えば、英語でビジネスや自己主張ができないとビジネスが立ちいかなくなる。言われたことしかしない社員ばかりでは、クリエイティビティに欠け、新しいビジネスを生み出せない。企業の経営者たちはそう懸念し、結びつきの強い安倍政権に要望を出したわけです。

トオル…期待されてるからこそ! と前向きに捉えよう。

シズカ…変わる理由はわかったんだけど、具体的にはどう変わるんですか?

次のページ センターが新テストに。記述式が導入されるってよ!