「貯金とダイエットはよく似ている」とよく言われるが、果たして本当なのでしょうか? 家計再生のプロであり、多くのクライアントのスリムアップを成功させてきた家計再生コンサルタントの横山光昭氏の答えは「YES」。2つの共通点とは?

◆やっぱり! ダイエットできない人は貯金もできない!

 

 まずお断りしたいのは、私はダイエットの専門家ではありません。ただ、これまでの家計再生の経験、成功された方々の例を振り返ると「貯金とダイエットはすごく似ているな」と感じます。正直に言って、私に相談にくるお客様は体型がゆるやかな方が多いです。しかし貯金ができて家計がスリムになっていくと同時に、皆さん自然と体型も締まっていくのを目の当たりにしてきました。

 2つとも日常の行動に深く根ざしたもの、自分の生活スタイルに密接にリンクしているものだからでしょうか。いわば生活習慣の結果といえるでしょう。他に片付けなどもそうですね。私はこれらはすべてリンクしていてどれかひとつが改善されると、自然と他にもいい影響を与えるものだと思っています。

 節約や貯金をする上で必要なのは、まずお金の使い方を意識して「見直す」こと。これはダイエットも自分の食生活を「見直す」ことが基本なのと同じですよね。

 そして貯金に目覚めると、自然といつもお金をかけているもの、たとえば、食費や被服費などにこだわるようになってきます。ダイエットも同じ。やせたいと思ったら、節制しながら食べるものを厳選しなければなりません。「どれぐらい使っているか」「何を消費しているか」ということに非常に敏感になるのです。
 まず「見直す」が第一歩になるでしょう。

次のページ ◆あなたの買い物、食事に「投資」という視点はあるか?