先日発表された、タイムズハイヤーエディケーションによる世界大学ランキング。言わずと知れた日本の最高学府、東京大学ですら46位。ではその上位に食い込む大学は何が違うのか? 同大学ランキング3位、スタンフォード大学の傾向を読み解く。

世界大学ランキング3位。「21世紀のハーバード」の実力

スタンフォードは理系が強い!

 では合格するための要素は何が必要なのでしょうか?まず、学校の特徴を把握するところからスタートしましょう。

 スタンフォードは、全てのプログラムに強みがあるというわけではなく、分野による偏りがかなりあります。他の大学に比べて、STEM(科学:Science、技術:Technology、工学:Engineering、数学:Math)により重点を置いた大学です。したがってSTEM分野が得意で秀でている学生は、出願する際に有利になります。

 ただ、例えば「工学」でいくとしても、幅広く工学は何でもいける、という生徒ではなく、工学の中でも特にこの分野で群を抜いて高いスキルや実績を持っている、という生徒が好まれます。工学(エンジニアリング)と言っても、生物工学、医療工学、電子工学、機械工学、宇宙工学、材料工学など様々なエリアがあります。このどれに興味があり、自分にどんなスキルがあり、何を成し遂げたいのか?こうした明確な「ビジョン」を持っている出願者こそが合格を勝ち取ります。

次のページ 文系にもチャンスはある.....!?