イラスト/フォトライブラリー
江戸の性事情』(ベスト新書)が好評を博す、永井義男氏による寄稿。

 天明(1781~1789)のころ、芝の増上寺に霊瞬という、美貌の修行僧がいた。 
 あるとき、霊瞬は友人に吉原にさそわれた。本来、僧侶は女郎買いをすることは禁じられているが、霊瞬は若さも手伝い、
「では、一度だけなら」
 と、僧侶の身分を隠して吉原に行き、琴柱という遊女を買った。
 琴柱は霊瞬を心憎からず思ったのか、「これからも、たびたび来ておくんなんし」と、切に願う。
 霊瞬も琴柱が忘れられず、一度だけのつもりが、その後もしばしば吉原に出向いた。

 親しくなってから、琴柱に身の上を問われ、霊瞬は自分は僧侶であり、修行中の身であると、ありのままに話した。
「修行を積めば、末々は高い位につき、よい寺を持たせてもらえるのでありいすか」
「学問と修行をはげめば、あちこちの寺に移り住み、うまくいけば大僧正になれるかもしれない。しかし、僧侶の世界も要所に金を贈らなければ、なかなか引き立ててもらえなくてね」
 霊瞬は僧侶の出世の仕組みを正直に話して聞かせた。琴柱はじっと聞き入っていた。

 つぎに霊瞬が吉原を訪れたとき、琴柱がしみじみと言った。
「ふとした縁で、おまえさんとこうした親しい仲になることができました。これも前世の因縁というものでありいしょう」
 そして、ひと包の金を取り出し、男に渡した。
「この金を元にして、出世してくださりませ。今宵をかぎりに、もう、ここに来てはなりません。今後、女に近づくこともおやめなされ。わたくしは近いうちにこの世を去りますが、あの世からおまえさんを守ります」
 霊瞬は最初、金を受け取ることをこばんだが、琴柱にぜひとも受け取れとせがまれ、ついに受け取った。

次のページ その後、しばらくして……