今日は明治通りをもう少し進んでみようと
渋谷駅まで歩いていく。
すると地下に天狗があったよ。

▲おお、渋谷駅近くにも天狗があったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

正しくは旬鮮酒場・天狗の宮益坂店。
14時30分だけれど、ランチをやっていたので
食べていくこととしよう。
天狗はランチが安くておいしいんだよね。

店内に入ると、喫煙と禁煙に分かれていて、禁煙の方に座る。
やってきたお姉さんは「日替わりはCです」と。

ABCDのメニューが日によって変わるのだった。

値段は590円。
ちなみにCは豚の生姜焼きと油淋鶏(ユーリンチー)。
これでも十分安いのだけど、
鶏の唐揚げ定食にしよう。
これはなんと500円。
「ライス大盛りにしますか?」
と訊かれたのでそうしてもらう。
ここ大盛りもお代わりもサービスしてくれてエラいのだった。
味噌汁もお代わりできるしね。

▲安い。ワンコインランチはエライ。

 

 

 

 

 

 

 

 

注文して店内を見渡すと、
この時間だけどかなり混んでいるなあ。

そんな様子を見ていると
あっという間に定食が到着する。

味噌汁とご飯の蓋をあけてさあ食べよう。

▲ご飯と味噌汁が蓋つきというのもいい。

 

 

 

 

 

 

▲蓋をとって、ジャーン!という感じ。

 

 

 

 

 

 

 

味噌汁はアオサとネギの具で礒の香がステキだよね。
唐揚げは五個。
キャベツにはドレッシングがかかり、
マヨネーズが添えられている。
このマヨネーズの存在が大事なのだ。

そして漬物として、野沢菜がついているのも
ポイントが高い。おいしいおいしいと
ご飯をもりもりと食べる。
唐揚げはクリスピーに揚がり、
マヨをつけるとこってりとした味になり、
おかず力さらに上昇。
唐揚げとマヨネーズって相性が素晴らしいね。

かくして、あっという間に大盛りご飯がなくなってしまう。
仕方がないなあ。
「すみませ~ん、半ライスください!」と
お代わりをもらったのだった(食べ過ぎ)