この連載では、「ヌード」や「セミヌード」になった地下アイドルを紹介している。
彼女たちはなぜ裸になる選択をしたのか。そして、裸になったことは彼女たちにどのような変化をもたらしたのか。地下アイドルが身近な存在である人もそうでない人も、ぜひ見てほしい。

 今回インタビューをしたのは、マルチタレントとして活躍中の春野恵さん(29)。
 つややかな長い黒髪と大きな瞳が魅力的で凛とした雰囲気をまとう彼女は、まさに高嶺の花といった印象だ。しかし話してみるととても明るい笑顔でハキハキしゃべる可愛らしい女の子ため、そのギャップにやられてしまうファンは多いだろう。

 タレントとして舞台、モデル、ライブなど様々な仕事をしている彼女だが、一番主軸になっている仕事はグラビアだ。手ぶら、Tバックは当たり前。性的行為を思わせる描写や、乳首が透けて見えるDVDも多い。いわゆる、着エロと言われるジャンルだ。

◆グラビアで男性を幸せにしたい

「グラビアをやっていて、嬉しいことがあったんです!『DVDを見て俺、EDが治ったんです。ありがとうございます』っていう手紙が同じファンの方から何通も届いたんですよ。私もう、びっくりしちゃって!グラビアのお仕事って、アイドルがお医者さんの気分になれるんですよ。世界中の男性を私のDVDを通して幸せにできるんだったら、私のやっていることは無駄じゃないなって。グラビアは私にとって、誇りに思える仕事です」

 まさに着エロアイドルの鏡とも言えるコメントをする春野さんだが、芸能に入った当初から着エロの仕事をしていたわけではなかった。

次のページ Gカップをグラビアで生かしてみないか?