愛犬とともに体を動かすことで、ココロも体もリフレッシュできるはず!
『一個人』10月号より、愛犬との絆が深まり、一体感が得られるアクティビティをご紹介。

1.カヌー

 愛犬とともにカヌーに乗り、湖上をツーリングするアクティビティ。インストラクターが同行するツアーに参加するのが一般的で、パドルの漕ぎ方や見所も教えてくれる。
 カヌーや救命具のレンタル代はツアー料金に含まれていて、初心者にも始めやすい。イヌが水遊びできるツアーもあり、競争しながら水上散歩を楽しもう。

2.ディスクドック

 投げたフライングディスクをイヌがキャッチするスポーツ。飛行距離を競うロングディスタンス、音楽に合わせてジャンプの美しさや技の難易度を競うフリーフライトなどの種目がある。
 ボール遊びが好きなイヌにはもってこいで、楽しみながらしつけをすることが可能だ。運動量が多いので健康増進につながるのはもちろんだが、愛犬と信頼関係を築けるという側面も見逃せない。まずは布ディスクで慣らすのがおすすめ。

3.アジリティ

 イギリス発祥のドッグスポーツ。イヌを誘導しながらハードルやシーソー、トンネルなどの障害物をクリアし、時間内にゴールを目指す。競技会では正確さ、速さが求められるが、個人で楽しむ分には各自のペースで行えばOK。
 愛犬と団結してゴールしたときには達成感もひとしおで、一体感がたまらない。練習用の用具は数千~2万円前後で購入可能。ドッグランに設置されていることもあり、気軽に挑戦しやすい。

4.ドッグヨガ

 犬と呼吸を合わせ、温もりを感じることで、心身の調子を整えるヨーガ。一人で行うよりも体幹を鍛えやすい。心のつながりを意識し、コミュニケーションを取る手段のひとつであり、上手にポーズが取れなくても問題なし。犬種やサイズを問わず取り組める。自分がリラックスすることで、愛犬も次第に落ち着いてくるはず。