「ヒカ○ンカッコいい! 俺はユーチューバーになる!!」と息巻いているキッズも、真面目に副業を考えているサラリーマンも。
漠然と“おもしろい動画を撮ればお金になるんでしょ? 楽勝!”と思っているかもしれないが、それは大きな間違いだ。既に開拓され、成熟しつつある市場ゆえに、トライアンドエラーを繰り返してきた先人たちの教えは最高の教科書。数回に分けてお送りするプロのコトバを聞いて、より効率的な動画の作成に努めるべし!

YouTuber
財部亮治さんが教える「動画がバズる秘訣」!!

PROFILE
「ひとりglee」など、多重録音と呼ばれるテクを使い、すべて自分の声だけを使って曲を作るシンガー。様々なアーティストのカバー曲やオリジナル楽曲も作成してUPしている。昨年は「ワールドオーダー」とのコラボを実現!

動画作りのキッカケはマイケル・ジャクソン!?

 実は僕、わざわざお墓参りに行くくらいマイケル・ジャクソンが好きなんですよ!! マイケルが亡くなった2009年に、悲しくてでも彼の曲を聴いていたくて、YouTubeで動画をいろいろ探したんですね。そこで、海外で音楽活動をしていて、マイケル・ジャクソンのカバー動画で今では世界的なYouTuberとなったSam Tsui(サムツイ)という人の動画を見て衝撃を受けたんです。「こんな人がいるんだ!」って。で、サムツイに憧れて、“動画を自分で作る”ということに興味を持ち始めたんです。
 当時は普通に就職をし、仕事をしていたのですが、思い切って仕事を辞めて音楽の道に進むために上京したんですよ。アルバイトをしながら渋谷のクラブとかで歌っていたんですが、ある日「次のアーティストは、財部亮治です!」って紹介されたのを聞いて「あれ?」って違和感を覚えたんです。僕、アーティストって呼ばれるようなことなにもしてないぞ?って。で、アートに近いことをやりたい、アーティストと呼ばれるようなことをしたい、そう思うようになったんです。で…たまたまその時ハマっていたのが「glee」という海外ドラマなんですが、これをひとりでやってみよう!と思って多重録音し、クラブで映像を流しながら披露したらめちゃくちゃウケて…「あ、コレだ!」って思ったんですよ。そこから僕の動画人生が始まったんです。最初の一年は「ひとりglee」シリーズを作っていましたね。でも、思っている以上には、動画再生回数が伸びないわけですよ。自分のファン層は、洋楽より邦楽のほうが受け入れてもらいやすいと分かり、当時やはり大好きだった「ももいろクローバーZ」のカバー動画を作ったんです。そしたらコレが…ドカンとw。なるほど、トレンドを掴むことが大切なんだな、とそのとき実感しましたね。

次のページ チャンネル登録者数が倍増!「〇〇ってスゴイ!」