伝説のロックバンド「スマッシング・パンプキンズ」。
そのギタリストであるジェームズ・イハがディレクションする〈ヴェイパライズ〉は、UKロック要素満点の超個性派ブランドだ。
そのヴェイパライズを大々的に取り扱うBEAMSに、今一度ブランドの基礎のところから今の売れ筋まで、事細かにインタビューしてみた。

BEAMSバイヤー
西尾健作氏が答える“VAPORIZEというブランド”

Profile:1994年ビームス入社。〈ヴェイパライズ〉のブランド立ち上げ当初からバイイングに携わり、今年で歴16年目というベテラン。

Q_01. ブランドの歴史、コンセプトから教えて下さい。
A_01. ’90年代のロックシーンと言えば『グランジ』。当時スマッシングパンプキンズは、ニルヴァーナやソニックユースなどと並びグランジを代表するバンドでした。そのバンドのギタリストである『ジェームス・イハ』が2001年に立ち上げたブランドが〈VAPORIZE〉です。ミュージシャンでもあるジェームスが、時代に流されず、逆らいもしない、音楽とファッションが溶け込むフィーリングウエアをコンセプトに掲げたトータルウエアブランドです

Q_02. ブランドを象徴するコアアイテムは何ですか?
A_02. 定番のスキニージーンズは、ロックをテーマとするヴェイパライズの顔とも言える、いつの時代にもマッチングする万能ジーンズです。カットオフ仕様のルーズTシャツは、毎シーズン色や素材を替えながらも人気のあるアイテムです。

Q_03. 今季のブランドテーマを教えて下さい。
A_03. 『LIVE FAST DIE YOUNG』…思うがままに、ぶっとく生きろ! 直球のパンクワードですが、パンクでもカリフォルニアパンクが今シーズンのヴェイパライズのテーマです。『BLACKFLAG』『DEADKENNEDYS』『OFFSPRINGS』等のハードコアバンドをフィーチャーし、スケートやロックを織り交ぜた、ポジティブなパンクロックを表現しています。

Q_04. 今季を象徴するアイテムはなんですか?
A_04. ストリートアイテムのコーチジャケットを、パンクイメージのタータンチェック柄で施したセットアップや、’90年代のカリフォルニアらしいケミカルウオッシュ加工のデニムベスト&アンクルレングスジーンズがキーアイテムです。