小誌STREET JACKが500人SNAPした中で見えてきた、この夏の人気ブランドやコーディネイトの仕方を赤裸々に紹介していくこのコーナー。
第3回目となる今回は、みんな大好き、編集部も大好き【スニーカー】のトレンドを振り返ってみようじゃないか。

Data_01 2 TOP SNEAKER!!

皆オールスターとオールドスクール、好き過ぎだろう

〈コンバース〉と〈バンズ〉がスニーカーシェアの半分以上をかっさらっていった模様。
インスタポンプやチュブラーなどの昨今のハイテク人気をけん引するモデルも大健闘していたのだが、今夏はローテクスニーカーの独壇場となった。

CONVERSE ALLSTAR/コンバース オールスター

もはや説明不用の貫録。
特に今年はクッション性に富んだ新ソールREACT®を搭載した新作もラインナップされ、普遍的な見た目に履きやすさまで獲得した御所モデルはさらなる飛躍を遂げたようだ。
スキニーでもワイドでも、リジッドデニムでもウオッシュドでも、とにかく合わないパンツはないという汎用性と魅力は、いつまでたっても色あせない。

VANS OLDSKOOL/バンズ オールドスクール

「オールスター」から一転、感度を重視するファッショニスタが選んだのが「オールドスクール」だった。
“JAZZ”と呼ばれるサイドラインがアクセントとなり、ショーツをメインとした夏のスタイリングにはもってこいの一足。そのくせぽってりした適度なボリューム感は主張控えめで、合わせやすい。
写真のようなチェッカーフラッグや、シューレースではなくベルクロを選ぶなど遊び心を盛り込む猛者も多く見られた。

オールスター派コーデ【東京】
オールドスクール派コーデ【大阪】
次のページ ラーメンもスニーカーもこってりは若者の特権