夏も残り少なくなり、大きいフェスも終わってしまったけど、ここらでちょっとプロのお手並みを拝見。人気セレクトショップのプレス2人に夏のシーン別の着こなしとこだわりの持ち物を見せてもらうことで、ラストスパートをかけようという寸法だ。
今年の反省をするもよし、駆け込みで真似してみるもよし。自分のスタイルに早速取り入れてみよう。

■今回お願いしたショッププレス

BEAMS PRESS
梅田悠貴/YUKI UMEDA

プレス歴2年。ビームスならではのストリートとリアルのバランスが取れたコーディネイトに定評有り。

JOURNAL STANDARD PRESS
青木志門/SHIMON AOKI

2016年冬にプレス就任。“物”に強いこだわりを持ち、今回の品一点一点にも語りきれない薀蓄が山盛り。


■2017年俺のCAMP STYLE
機能性を強く求められるキャンプスタイル。
着こなしだけでなく、各自ギアにもこだわりが。

BEAMS・梅田悠貴流CAMP STYLE

パンツ/ビーミング by ビームス、キャップ3800円、腰に巻いたジャケット1万6000円、ポーチ3800円/以上すべてパタゴニア、シューズ 1万8000円/アディダス、その他すべて本人私物

アウトドアらしいアクティブカラーを
小物と腰巻きで+

「今季らしく長袖Tを合わせつつ、アウトドアシーンらしいヴィヴィッドな色みは小物で。ミニショルダーはひとつあると便利ですよ!」(梅田)

※キャンプ当日のこだわりGOODS※

〔右上〕保温、保冷のデキるタンブラーは欠かせないですね。2600円/サーモマグ、〔右下〕炎天下でも濡れてもへっちゃらなのが頼もしい!/G-SHOCK、〔左〕なんとサコッシュにしまえるパッカブルダウン。長袖です。1万3800円/モンベル×ビーミング by ビームス

 

JOURNAL STANDARD・青木志門流CAMP STYLE

バンダナ柄T8800円、ジーンズ/ともにボナム、Tシャツ/テンボックス×ドントカム、バッグ/バッハ、スニーカー/ナイキ スポーツウェア

タフネスシーンでは“デニム”が不可欠
「タフネスが必須なシーンではデニムが欠かせません。紫外線対策でロンTは必須ですが、プルオーバーで自分らしさを足しています。」(青木)

※キャンプ当日のこだわりGOODS※

〔右〕料理をふるまうときも、デニムエプロンでデキる男をアピールです。7800円/ボナム、〔左上〕女性でも簡単に扱える小型のランタンは、一個常備しておきたいです。/ブラックダイヤモンド、〔左下〕ナイフを入れても安心なミルスペックバッグは心強いです。/MIS

次のページ イケてる大人たちのデートコーデ