夏に買った服でも使い方次第で、秋までまだまだ着回せる!
夏と秋の境目が曖昧な2017年のファッションシーンじゃそんなのもう当たり前!
では、ファッションのプロが考える「ガチで使える」夏服とは…?
ランキング形式で発表していきます!

 

【秋まで使える夏服 第3位】
ストライプシャツ

写真を拡大 ←クリックすると「秋服Ver.」に衣替え!
夏はラインパンツでハズして、秋はノーブルにジャケットを羽織る。シャツ/ベルシュカ、【夏】Tシャツ/フィラ、パンツ/ギャップ【秋】ジャケット/センスオブプレイス、パンツ/ティーケータケオキクチ

一年使える万能プレイヤーが第3位に!

 柄シャツは、インナーに使ったときに合わせるアウターを選ばない、ユーティリティさが重要。ストライプはその点、誂え向き。「丸首のプルオーバーよりも、昨今はシャツ系のアイテムが注目されています」(三浦良介さん
/アーバンリサーチ・販売促進部マネージャー)「コートの中からチラ見せするくらいがちょうどよいバランスになると思います」(齊藤篤史さん/DOVE WORKS.・プレス)

 

【秋まで使える夏服 第2位】
開襟シャツ

写真を拡大 ←クリックすると「秋服Ver.」に衣替え!
夏は前開けしてラフに着こなし、秋はそのまま羽織るだけ! シャツ/ティーケータケオキクチ【夏】Tシャツ/ベルシュカ、パンツ/ハイダウェイ、【秋】ブルゾン/C.SW、ジーンズ/GU(※一部店舗のみ販売)

「秋まで使う」なら、アロハじゃなく無地がオススメ

 2位は、今季のトレンド、開襟シャツがランクイン!
 アロハは季節的にちとキツイが、無地なら使い勝手が良い。夏に買った半袖でも、秋はロ ンTと重ねてインナーにすれば違和感なし。「やや大きめのサイズ感を選んで、秋はTシャツ、冬はタートルを合わせてみては」(橋本祐介さん/マージン・プレス)「着方次第で、トップスとしても羽織りとしても使えて非常に便利だと思いますよ」(中村美由紀さん/417 ÉDIFICE / PULP・PR)

 

【秋まで使える夏服 第1位】
ロゴ入りロンT

写真を拡大  ←クリックすると「秋服Ver.」に衣替え!
今季は「袖ロゴ」もトレンド。しかし秋も着るなら「胸元ロゴ」を買っておくほうが賢い。ロングTシャツ/リー×ティーケータケオキクチ【夏】 パンツ/ニコアンド【秋】カーディガン/ニコアンド、ジーンズ/サニーレーベル、ベルト/スタイリスト私物

ストリート&スポーツ系人気で堂々1位に!

 プロが「一番使える」と選んだのは、安定感抜群で使い勝手も良いロンT。単なる無地では主役にはやや役不足だが、胸元や袖にロゴがあるものなら、秋はもちろん今すぐ買っても一枚で十分主役を張れる。「キレイめなアイテムと合わせて、ストリートミックスな感覚で取り入れたいです」(高村 潤さん/シップスジェットブルー・プレス)袖のロゴを見せるコーデがいいので、合わせはニットベストなどがいいと思います」(神成竜太さん/聖林公司・プレス)

 

今持っているものでも良いし、秋新作として買い足しても良い。
いずれにせよこの3着を持っていれば、何かと季節感が読みづらい
今の時期にはとっても重宝してくれる。ぜひ活用してみて!