全国で来春の選抜甲子園を目指した秋季大会が始まっている。ドラフトでも注目を集めるだろう今夏のスターたち、清宮幸太郎(早稲田実業)、中村奨成(広陵)、西川愛也(花咲徳栄)に続く球児たちがいま、まさに戦っているのだ。
野球番組に出演し、ひとりで地方予選を観にいくなど「高校野球好き」を公言する、女性アイドルグループ・アンジュルムの竹内朱莉さんに高校野球の魅力について聞いた。
 

試合は観に行っていたけれど楽しみだったのは…

――高校野球がお好きだとうかがいました。そもそも野球との接点はどこにあったのでしょうか。

竹内 お父さんと、二つ上のお兄ちゃんが中学生まで野球をやっていたこともあって、竹内家にとって野球はわりと親しみがあったんです。お兄ちゃんの試合にお母さんが「お茶当番」で行くときについて行ったり、親戚の方が巨人戦のチケットをくださることも多くて、家族で見に行ったり……とはいえ、小学生の低学年のころだったので、ひとりで留守番させられないという理由で行っていたんですが(笑)。そういう経験もあって知らないうちに自分からも観にいくようになりました。

――家族でプロ野球を観にいくのはふつうのことだったんですか?

竹内 ふつうでしたね。「次、どこどこの何曜日行くからね!」「はーい」という感じでした(笑)。

――最初はプロ野球がメインだった。

竹内 そうですね。そのなかでも、巨人戦……というか東京ドームにしか行ってないんです。距離的な問題が大きかったですけど、あの頃、巨人の選手はメディアにもよく取り上げられていて、なんとなく名前を知っている選手が多かったので東京ドームばかり行っていた記憶があります。

――でも、小学生の低学年で球場観戦を楽しめましたか?

竹内 ジャビット君(※ジャイアンツのマスコット)がいたので!

――野球じゃないですね(笑)。

竹内 あ……、そうですね(笑)。覚えていることもあります。わたしが初めて行ったとき、まだ上原(浩治)投手が在籍されていたころで、いまでもその下敷き持っていますよ。でも、たしかに試合内容と言われると、記憶がない……。

――はははは。

竹内 わたし、ジャビット君のお弁当が大好きで、それを食べたかったんです(笑)。お弁当ケースを持って帰ることができるんですけど、試合によって形が変わるんですよ!! それがすっごく楽しみで。あとはアイスを買いに行ったり、ご飯を買いに行ったり、裏の方に行ってジャビット君に会えないか探したり……ぜんぜん、野球見てないですね、わたし!(笑)

――仕方がないと思います(笑)。当時、ルールは?

竹内 細かいとことまでは分からなかったですけど、大まかに「こうなったら点は入るよ」くらいは分かっていました(笑)。

――そんな小学生時代の竹内さんが、ジャビット君以外の野球にはまり出したのはいつでしょうか?

竹内 まずは小学校の5、6年生の頃だったと思うんですけど、坂本(勇人)選手がかっこよくて……(笑)。他にもテレビで選手を見て名前を憶えて、こんな選手がいるんだ、って観るようなりました。

――「野球を好きになったきっかけが坂本選手」というのは公言されていましたが、実はそれまでにもかなりの回数、試合を観られていたんですね。

竹内 結構な回数……たぶん年間10試合くらいは行っているんですけど、覚えてはないです(笑)。

――お弁当だけ。

竹内 お弁当だけ覚えています(笑)。
竹内朱莉さんが感動した野球本がこちら!

次のページ 選手がマウンドに集まる瞬間が好き