吉田照美 画『品がないファイブの“学園天国”』

だからあれほど言ったのに!

無知とデマで日本をぶっ壊す

売国奴に騙されてはいけない!

安倍政権批判の急先鋒・作家適菜収の最新刊が発売。

 

「言論界のロンリーウルフ、適菜収氏は至宝だ!」

吉田照美(アナウンサー・タレント)推薦

 

結局、バカがバカを支持するから、バカな国になる。

本文でも述べたように、世界経済フォーラム年次会議(ダボス会議)の冒頭演説で、安倍は徹底的に日本の権益を破壊すると宣言。電力市場の完全自由化、医療の産業化、コメの減反の廃止、法人税率の引き下げ、雇用市場の改革、外国人労働者の受け入れ、会社法の改正などを並べ立て、「そのとき社会はあたかもリセット・ボタンを押したようになって、日本の景色は一変するでしょう」と言い放った。

極左カルトのテロリストが「社会をリセットする」と言うならわかる。

オウム真理教が「新しい国をつくる」と言うならわかる。

しかし、今は政権中枢において国家の解体が進められている。

これまで私は、『安倍でもわかる政治思想入門』『安倍でもわかる保守思想入門』(いずれもKKベストセラーズ)などで現在の政治状況を批判してきたが、そこでも述べた通り、安倍晋三という個人をバカにしたり、引きずり下ろしても根本的な解決にはならない。

病んでいるのは、ああいう「幼児」を持ち上げ、野放しにしてきたわれわれの社会なのだ。

近代、少なくともこの四半世紀におよぶ「改革」騒ぎに対する反省がない限り、わが国の未来はない。

本書は「時代への警告」という形で、今の日本の姿を描写した。

病を治すためには、その根本を直視する必要がある。

(「おわりに 適菜 収」から一部抜粋)

KKベストセラーズ/定価:本体1300円+税/全国書店、アマゾンほかで発売中/※カバー写真をクリックするとアマゾンへ飛びます

CONTENTS

 

第一章

安倍政権とは何だったのか

 

戦後レジームからの脱却?

周辺の乞食言論人/絵に描いたような売国奴

安倍批判の機能不全/安保法制とは何だったのか?

立憲主義を唱えるのは左翼?/アホにつける薬

オークショットと保守政治/新しい国をつくる?

歴史の改竄/ダボス会議の冒頭演説

竹中・三木谷大好き/安倍が狙う皇室

今が瀬戸際/ひっくり返った世界

 

COLUMN

松本人志と共謀罪

芸人の職業倫理/ネトウヨばりの「対案を出せ」

 

第二章

だからあれほど言ったのに

 

肩書きや学歴に騙される人たち

学歴詐称疑惑が再燃/アメリカの失敗を追う日本

石破茂の限界/夜はまだ明けぬか

B層の聖域になった安倍晋三

遊びは大人が教えるべき/グローバルなおバカ人材 68

映画監督になりたかった安倍晋三

維新新喜劇と一億総活躍社会

福山雅治のギター/利用された被爆地広島

歴史は繰り返す

 

COLUMN

「バカ消費者」を手玉にとる政治家

橋下徹の「催眠商法」/騙されるやつが悪い?

 

第三章

無知とデマで世界はまわる

 

国の命運を国民投票で決めるな

舛添問題が炙り出したもの/昔陸軍、今産経

同情したがる人々/『一九八四年』の世界

邪悪な人間と闘うために

維新の会は犯罪のデパート/箸の持ち方

ヘタレの「あまちゃん」/自称保守と左翼の混乱

始まる前からゲームオーバー

SMAP解散の余波/オリンピックのバカ騒動

ネトウヨ政権/鍵はシチリアにあり

 

COLUMN

パラリンピック、そろそろやめたらどうか?

「やさしい自分」

 

第四章 

安倍晋三の正体

 

「劇場型政治」が日本を滅ぼす

科学と道徳/蓮舫のセミヌード

思春期は残酷/産経新聞の劣化

東京の「橋下化」が止まらない

七人の小人/偽りを述べる者

運動会をもう一回やれ

周回遅れのグローバリスト

ゾウの寓話/「波動の高い植物」

韓国の期待の星

 

おわりに

 

《著者について》

適菜 収(てきな・おさむ)

1975年山梨県生まれ。作家。哲学者。ニーチェの代表作『アンチ・クリスト』を現代語訳にした『キリスト教は邪教です!』、『ゲーテの警告 日本を滅ぼす「B層」の正体』、『ニーチェの警鐘 日本を蝕む「B層」の害毒』、『ミシマの警告 保守を偽装するB層の害毒』(以上、講談社+α新書)、『日本をダメにしたB層の研究』(講談社+α文庫)、『日本を救うC 層の研究』、呉智英との共著『愚民文明の暴走』(以上、講談社)、『なぜ世界は不幸になったのか』(角川春樹事務所)、『死ぬ前に後悔しない読書術』、『安倍でもわかる政治思想入門』、『安倍でもわかる保守思想入門』(KKベストセラーズ)など著書多数。