2020年教育改革の目玉とされている「アクティブ・ラーニング」。従来の詰め込み式教育をやめて、生徒による主体的な学習へと転換させるものだが、はたして効果はあるのだろうか。2017年10月に『教育改革の9割は間違い』を上梓する諏訪哲二氏に聞いた。

◆「ゆとり」教育と同じ困難さ

 

 アクティブ・ラーニングはとてもいい考えである。子ども(ひと)が「知」や生活習慣を身につけるうえで、必ず出会うことになる「社会化」と「個性化」の対立を、教育方法によって解消しようとしている。

 能動的学習の「能動的」とは、生徒の一人ひとりが積極的に参加することである。積極的に参加することによって、自己の内側に閉じこもりがちな「個性」をオープンに開いていこうという意味合いが入っていよう。

 そして「学習」とは、個の外部にある普遍的な「知」や真理や科学を受け容れて成長していくことである。

 アクティブ・ラーニングはある意味で、近代社会にある個と集団、個と社会の対立や矛盾を、学習の過程(成長の過程)でなくしていくか、縮めていこうという意味合いを含んでいるかもしれない。「ゆとり」教育にもこういう発想はあった。考えとしてはいい理論であり、正論であろう。

 問題は、人間の「知」の受容のあり方(自然性)に合致するかどうかということである。深く考えればアクティブ・ラーニングは冒険的ないしは危険でもある。「ゆとり」教育は全面的に実施できたとしても、人間の「知」の受容の自然性についての問題をクリアーできなかっただろう。単なる授業秩序の崩壊、学力低下に帰着した可能性は高い。

次のページ 能動性の押しつけ