怒らないことが目的ではなく、
怒る必要のあることは上手に怒り、
怒る必要のないことは
怒らなくて済むように線引きする

 

 本書のテーマである『アンガーマネジメント』は、1970年代にアメリカで生まれた「怒りの感情と上手に付き合うための心理トレーニング」です。
 怒らないことが目的ではなく、怒る必要のあることは上手に怒り、怒る必要のないことは怒らなくて済むようになる。
 その線引きができるようになることを目的としています。
 なぜなら、怒りの感情は人間に備わっている、自然な感情のひとつだからです。

 本書では「怒るな」「怒ってはダメ」ということは一切言いません。

「怒りの感情に対して、どのように考えればよいか?」
「普段のストレスから解放されるには、どうすればよいか?」
「怒る場合、その後の人間関係を壊さないためにはどうすればよいか?」
「ムダにイライラしない人は、どのように普段から考えているのか?」
「上手に怒るというのは、どういうことか?」
 といったことをテーマにしています。

『アンガーマネジメント』は心理トレーニングですが、本書では、ムダにイライラしないためには、そもそもどのように考えればよいのか、その心の持ちよう、思考方法について焦点を当てています。

 思考方法ですから、ちょっとした考え方のコツをつかめば、誰にでもすぐにできて、効果があがる内容になっています。
 後悔の多い一日を送らないために、あなたもほんの少しだけ考え方、思考方法を工夫してみましょう。
 それだけで、ムダにイライラしなくて済むようになるのです。
 
 イライラしても、しなくても、時間は平等に、いつでも同じように流れていきます。
 イライラする人生を選ぶのも自分、イライラしない人生を選ぶのも自分です。
 誰もイライラに満ちた人生を送りたいとは、思っていないでしょう。
 怒りは必ず後悔を呼びます。後悔の多い一日を送らないために、ほんの少し考え方を工夫してほしいのです。

 本書では、イライラする瞬間の具体例を挙げながら、そのメカニズムを解説し、対処策、主に考え方について解説していきます。
 本書を読んで「怒りの感情と上手に付き合える」ようになっていただければ幸いです。

【著者紹介】

安藤俊介(あんどう・しゅんすけ)
一般社団法人日本アンガーマネジメント協会代表理事。アメリカに本部のあるナショナルアンガーマネジメント協会では、15名しか選ばれていない最高ランクのプロフェッショナルに日本人として唯一登録されている。怒りの感情と上手に付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」における日本の第一人者として全国で講演、研修などを行っているほか、新聞・雑誌への執筆テレビ・ラジオへの出演も多数。近著に『アンガーマネジメント入門』(朝日文庫)、『○×まんがスッキリわかる もう怒らない本』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)がある。