アメリカの著名投資家、ウォーレン・バフェットの生き様に学ぶ

【前回:「オマハの賢人」ウォーレン・バフェット。“尊敬”を集め続ける理由

「本当に大好きなことを一生懸命にやる」

 

 人生に成功するためにバフェットが大切にしていたのが「本当に大好きなことを一生懸命にやる」ということです。

 出身校であるネブラスカ大学でビル・ゲイツとの公開対話に臨んだバフェットは、学生たちに、自分は投資という大好きなものを見つけることができてとても幸運だった、あなた方も、何でもいいから夢中になれるものを見つけて下さいとこう語りかけています。 

「大事なのは、自分が好きなことをとびきり上手にやることです。お金はその副産物に過ぎません」

 バフェットが生まれたのは1930年8月、つまり世界経済が大混乱に陥った大恐慌が始まって10カ月後のことです。バフェットの父親も大恐慌のあと、お金や仕事も失うという苦労をしていますが、そこから「極端に質素なやり方で、しかし着実に努力する」ことで生活を再建しています。

 苦しい中で懸命に努力する両親を見て育ったバフェットは6歳の時から近所の人たちを相手にチューインガムなどを売る小さなビジネスを始め、11歳の時にそれまでに貯めた120ドルを投じて初めての株式投資を行っています。

「なぜそんなにお金が欲しいの?」という問いへのバフェット少年の答えは「お金が欲しいんじゃないんです。お金を稼いだり、それが殖えていくのを見るのが好きなんです」というものでした。

次のページ バフェットにとっての「お金」とは?