「国宝」という言葉が誕生したのは、今からちょうど120年前の明治30年(1897)のこと。「すべてが国宝、数十年に一度というレベルの展覧会」と、大きな話題を集めている「国宝展」(場所/京都国立博物館)が開かれるなど、今、国宝への関心が高まっている。9月25日発売の『日本の宝』(KKベストセラーズ)から、「国宝びっくり豆知識」を紹介する。 

Q国宝の数はいくつある?

 国宝は合計で1101 件指定されている(2017 年8 月現在)。「美術工芸品」と「建造物」の2 分野に大きく分かれ、「美術工芸品」が878 件、「建造物」が223 件。

「美術工芸品」の分野はさらに7 種類に分けられ、「絵画」160 件、「彫刻」131 件、「工芸品」253 件、「書跡・典籍」225 件、「古文書」60 件、「考古資料」46 件、「歴史資料」3 件という内訳。重要文化財(国宝含む)が合計で1 万3128 件指定されているので、国宝の割合は約8% となる。

次のページ 国宝が多い都道府県は?