日本では成功した人の本はたくさん出ている一方……

吉田 まあそういう本もあっておかしくない、いや、あっていいと思うんです。でも日本だと不妊治療とかもそうですが、「成功した」人の本はいっぱいある一方、「失敗した」人の本は極端に少ないですよね。

中川 今回は「成功しなかった人」の本が吉田さんの本ですよね。

吉田 そうですね。少し不埒なところもあるんですけど。他には堀田あきおさん&かよさんという漫画家さんが、夫婦で不妊治療を受けて、できなかった体験を本にまとめています(『不妊治療、やめました。〜ふたり暮らしを決めた日〜』)。不妊治療で失敗した時に、「私はこう思う」って本がもっといっぱい本が出ると、世の中で参考にしてもらい、もっと多くの方が気持ち的に楽になり、多様性が生まれると思うんですよね。

次のページ 有働由美子さんと山口智子さんの問題提起