2015年7月、ソロ・プロジェクトとして再始動したDream Amiにとって初となるアルバム『Re: Dream』が10月4日(水)に発売される運びとなった。同アルバムを引っ提げてのツアーも11月に予定し、アーティストとしても表現者としてもひとつ上のステージへと挑戦していく彼女に、『Re: Dream』に込めた思いを語ってもらった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の多面性を感じてもらえたら

――待望の1stアルバム『Re: Dream』は、どのような想いで制作を始めたのでしょうか?

Dream Ami シングルを5枚リリースしてからのアルバムだったので、盛りだくさんな内容にできるとは思っていました。今までリリースした楽曲を振り返ってみても、ジャンルも歌っている内容も幅が広いので、アルバムでも私の多面性を感じてもらえたらと思いながら制作しました。リリースのタイミング的にもE-girlsを卒業してから制作が始まった作品でもあるので、また新たにここからスタートを切るような気持ちでアルバムを作っていきました。あとは、今までリリースしてきたシングル曲でもそうだったように、自分に正直に自分の中にある世界を表現したいという気持ちも大切に制作しました。

――新曲と新録曲について解説をお願いします。まずはタイトル曲でもある「Re: Dream」についてお聞かせください。

Dream Ami アルバムのタイトルを『Re: Dream』としたのは、自分がデビューしてアーティスト活動を続けてきた約15年間、夢を諦めない気持ちや、Dreamという言葉自体にアイデンティティを感じて活動してきたので、このタイトルにしました。E-girlsを卒業してソロとしてがんばっていこうという決意を元に、新たな夢を見つけて目標に向かって進んでいきたいという自分の決意表明を込めたタイトルでもあります。そして、リード曲ではそんな私の気持ちを歌詞につづりました。

――「Re: Dream」の歌詞の中で特に気に入ってるフレーズはありますか?

Dream Ami 自分の経験を元に書いた歌詞なので、どこを切り取っても自分の過去を思い出しますし、だからこそ自分の気持ちを歌詞にできたと思っています。特に1番の始まりの『もぅやだ コレ何回繰り返せばいいの?』という歌詞は、自分らしいと思います。普段はネガティヴな思考が先に出てくるタイプなので(笑)。『どうせさ』とか、私の口癖みたいな歌詞も入っていたりします。

――誰もが抱いてしまうネガティヴな思考も吐露しつつ、Amiさんの決意表明をつづったポジティヴな歌詞に、きっと聴き手は自分の人生を照らし合わせると思いますよ。

Dream Ami ありがとうございます! 自分はこれでいいのかな? と目標や夢に対して少し不安になった時に、そっと寄り添える曲であったら嬉しいです。歌詞のメッセージが強いので、逆にトラックはメロディや曲調がコミカルなものを選びました。

次のページ Dream Ami史上もっともコミカルなMV