障害者の「性」は深刻

 Aさんは、障害のある方も受け入れOKの風俗サービスがあることを知り、Yさんに教えた。しかしYさんは、女性にお金を払って行う性行為には抵抗が強く、風俗を使用する気はなかったという。

 その後も何度か、YさんはAさんに性行為の相手のお願いをしてきたというが、Aさんは断った。断る度にAさんは、罪悪感にも似た気持ちになったという。それからもAさんとYさんは性的関係をもつことはなく友人関係は続けたが、お互いの仕事や生活が忙しくなり連絡を取る間隔が少しずつあくようになってきた。そんな矢先にYさんは突然、40代の若さでこの世を去った。

 YさんがAさんとの関係を諦めた後に、女性との関係を持てたのかどうか、今となっては確認することはできない。しかしYさんが常々言っていた「やらずに死ねない」という言葉を、Aさんは時折思いだし、自分が相手になればよかったのではないか?と思うことがあるという。

 風俗サービスを使用することに抵抗があるが、自身の障害の為に性行為はもちろん、恋愛にも臆病にならざるを得ない人がいる。恋愛感情や性的興味を抱くことは、障害の有無は関係なく、極めて当たり前の感情だ。そして性欲は一般的な男性であれば、自慰行為を行うことで一時的に解消することもできるが、Yさんのように手の機能に障害がある場合は、それすらすることができない。

 心身に鬱積する思いは増すばかりであり、性欲にとどまらず、将来結婚をして子どもがほしいという思いがある場合、それはとても切実であり深刻な問題だ。

 しかしそれらを気軽に相談できる公的サービスがある訳でもなく、そもそも性のことを大っぴらに話をできる環境もなく、ただ一人悶々と悩んでいる方がYさんの他にも少なくないのではないか、と推測するのは難くない。