『PITCH LEVEL 例えば攻撃がうまくいかないとき改善する方法』
元サッカー日本代表・岩政大樹(現・東京ユナイテッドFC)初の著作は、サッカーを「ピッチレベル」で分かりやすく解説し、多くの現役選手、ジャーナリストから「最高に面白い一冊」と絶賛されている。部数も発売二週間で3刷、2万部を超えた。
現役でプレーし、ふだんは「書かれる側」の選手である岩政大樹氏は「書く側」の視点をどう考えているのか。本企画では、ふだんは「書く側」「聞く側」であるスポーツジャーナリストに岩政氏が逆取材を敢行。「聞かれる側」はスペインサッカーに造詣が深く『サッカーで日本一、勉強で東大現役合格~國學院久我山サッカー部の挑戦』(洋泉社)などの著作がある小澤一郎氏。話はスペインと日本サッカーの文化的差異、ジャーナリズムに及んだ。

スポーツジャーナリストになったきっかけは偶然

岩政 今日はよろしくお願いします。

小澤 よろしくお願いします。逆の立場ってなんか怖いですね(笑)。

岩政 ははは。僕はブログが書き始めで、この本のもとになる連載「現役目線」に取り組みました。だからみなさんの書くきっかけが気になります。小澤さんのきっかけはなんだったのでしょうか。

小澤 偶然なんです。僕は、大学を卒業して社会人を2年やった後、サッカーの指導者を目指してスペインのバレンシアに移住したんですね。でも、行ってみて「指導者ってこんなに食べていけないんだ」ということが分かりました。スペインの育成年代の指導者たちは本業を持っていて、副業で夕方、ボランティア的にやっている。加えてその指導者たちも本当にレベルが高いわけです。これでは生計を立てていくのは難しいだろうな、と。そんなことを考えているあたり……2004年くらいですかね、ブログが流行り出したのでコツコツと書いていたんですよ。

岩政 へえー。何を書いていたんですか?

小澤 毎日、バレンシアのトップチームについて書き続けました。バレンシアは当時、ラ・リーガの中でもデポルティボ・ラ・コルーニャと並んで強いチームだったんです。二強はレアルとバルセロナでしたけど、この二つのチームについて書く日本人はたくさんいて、しかもビッグクラブですから練習もほとんどクローズだったんですね。それで、バレンシアくらい強いチームを日々の練習から1シーズン見続けたいと思って書いていたブログが、日本のメディアの方の目に留まったらしく、雑誌社から執筆依頼が来たのが最初でした。

岩政 そうなんですね。そのとき、書くことについての土壌はあったんですか。

小澤 いや全くないです。学生のとき、国語が苦手な方だったくらいで。読書習慣すらない人間だったので、スタートラインはまったくの手探り状態でした。
日本人らしいサッカーとは何か。W杯を制覇するにはどうするべきか?

次のページ 生かじりの書き手として意識したこと