『日本の宝』(9月25日刊行より引用)

「国宝」という言葉が誕生して、ちょうど120年を迎えた2017年。京都国立博物館で開催中の「国宝展」が話題だ。京都は、国宝を多く所有する都道府県ナンバー2で、有形• 無形の文化遺産に溢れている。この町に暮らす三人が、「京都×国宝」をテーマに熱く語ります。

京都の国宝は
実は東京に収奪されている

京都国立博物館にて。写真左から、佐々木丞平氏、井上章一氏、神居文彰氏。

井上章一(以下、井上) ところで、有名な国宝に高山寺の『鳥獣人物戯画』があります。本物は東京の国立博物館にあり、高山寺にあるのは、よくできたレプリカなんですよね。京都の人は、京都には国宝がいっぱいあると思っているかもしれないけれど、実は、けっこう東京に収奪されているということもこの際言っておきたい。文化財は海外ではなくて、東京に流れていると。

佐々木丞平(以下、佐々木) 建物以外の、動産文化財は、戦前戦後に企業家が購入したこともあり、それが東京に移動し、集中した面もあります。

井上 とはいえ、精巧なレプリカがあるのは大事なところですね。東京に奪われたと思わせない配慮がなされている(笑)。

佐々木 高山寺さんはさらに配慮されていて、『鳥獣人物戯画』4巻が東京に集中しないよう、東京国立博物館と京都国立博物館で2巻ずつ分けて預けていらっしゃるんですよ。

次のページ 国宝には当局が押した スタンプ?