夏本番! ついに開幕した高校野球――って「夏本番」やら「ついに開幕」やら、なんだかものすごく当たり前のように使っているけど……高校野球ってそんなに人気なの?

人気だとしたら、それはなぜ? 

ということで『「スコアブック」は知っている。』の刊行を記念!?して、甲子園を約30年にわたり取材し続ける著者の楊順行さんに、高校野球をほとんど知らない若手女性編集部員がその魅力について聞く、という(無謀な!)インタビューを敢行いたしました!

(注:たいへん支離滅裂なところがありますので、適宜編集担当の解説(!?)を入れております。皆さまに最後までお付き合い願えることを切に切に願っております……)

 

【プロフィール】

楊順行:よう・のぶゆき/1960年、新潟県生まれ。82年、ベースボール・マガジン社に入社し、野球、相撲、バドミントン専門誌の編集に携わる。87年からフリーとして野球、サッカー、バレーボール、バドミントンなどの原稿を執筆。85年、KK最後の夏に“初出場”した甲子園取材は47回を数え、観戦は2000試合ほどになる。春夏通じて37季連続“出場”中。ツイッターアカウント@nobuyukiyo  

 

2年目女性編集部員:にねんめじょせいへんしゅうぶいん/2014年KKベストセラーズ入社。イケメン俳優に目がない。好きなスポーツはちょっとだけサッカー。歴史とアニメをこよなく愛す。

 


 

2年目女性編集部員(以下・編):あ、一つ気になっていたことがあって。甲子園とかで有名になるというか、名前が出てくるピッチャーとか優秀なバッターとかがたまにいると思うんですけど、そういう人たちに共通して現れるスコアみたいなのってありますか?

楊順行(以下・楊):あー、どうだろう。考えたことないな(笑)。

:それこそ、松坂(大輔)はKがいっぱい並んでいるんだろうなっていう印象なんですけれど。

 

(ふだんは、好きな俳優は「クン」付けするのに、松坂投手は呼び捨てかい?)

 

:そうですねー、例えばですよ? 今ちょうど開いていた試合。大阪桐蔭に平田って……これ今、中日ドラゴンズにいる平田君ですけれど、彼はホームランを良く打ったので◇をよく書きました。こういうホームランを打てば、ぱっと分かりますけど……。難しいなあ。平田君は、この次の試合がすごくて……(平田選手の試合を探し始める)。

 

(このあたりはぜひ、『「スコアブック」は知っている。』の第四章・スコアブックに見る記憶と記録、をご覧下さい。楽天で活躍するストッパーの「K」だらけのスコアブックや、常総学院の「S」だらけのスコアブックなどなど掲載されています)

 

:ただ、数字に表れるようなことは当然スコアブックにも出てくるけれども、普通に書いてるだけじゃ無機質な記号にすぎないと思うんで、例えば僕なりの書き方をちょっと紹介してみます。これ(「6」を指をさしながら)、ショートゴロなんですけれど、こっちの「6」には「G」って書いてあるんですよ。この「G」っていうのは自分で勝手につけたやり方で、「good」な当たりなんで、いい当たりに「G」をつけよう、とかね。だから、こっちはいい当たりだけど、こっちは平凡な当たりだっていうのが、あとから見ても分かるようにしていますね。

:へええ!「G」以外にも何かありますか?

:ありますよ。これは、守備が上手だったっていう意味のびっくりマーク(「!!」)ですね。

:相手方の守備が……?

七番打者に「!」散見、五番の4回の打席に「G」

:そうですね。この場合、深いところでとりました、っていう。こういうのを見て……例えば、このショートの本田君、この試合負けてしまって、さらにまったく打てなかったんですけど、そういう試合に「本田君に何か聞いてこい」って言われても、「話のきっかけがないよなあ」って思うじゃないですか。でもこういうのがあると、「本田君は肩いいですね!」とか、そういう話につなげやすいですね。本田君は(この時)3三振してますしね。