加藤るみ
1995年3月9日生まれ、岐阜県出身。16年にSKE48を卒業後タレントとして活動中。映画鑑賞、釣り、世界遺産(世界遺産検定3級取得)などさまざまな趣味を持つ。現在はインターネットラジオ『おしゃべりやってま〜すレボリューション』にレギュラー出演するほか、『こだわりナビ』(テレビ朝日系)にレポーターとして出演中(撮影/中田智章)

 昨年SKE48を卒業し、タレントとして活動する加藤るみさん。グループ在籍時から映画鑑賞や釣りといった趣味を活かしてさまざまな仕事にチャレンジしてきた彼女は、目下、それらに磨きをかけている。

「映画はコラムを書かせていただいていることもあって、勉強も兼ねて週に5本は観ています。ミニシアター系の映画が好きで、最近面白かったのは、『マッキー』というインド映画。マフィアに殺された男がハエに転生して復讐を遂げるというお話なのですが、あらすじだけでも相当スゴイですよね(笑)」

 そんな加藤さんは現在、地元・岐阜を離れて東京で一人暮らし。自ら「イノシシやクマが頻繁に現れるような超田舎」と語る地元を離れて感じることも多いようで……。

「いちばん驚いたのは、カエルや虫がぜんぜんいないことです! まだ慣れたとはいえないし、すぐに実家に帰りたくなるけど、楽しく東京ライフを過ごしています」

 これからの目標はどんなものだろう?

「趣味を活かして、MCやパーソナリティ、レポーターのお仕事がしたいです。お昼の番組で映画紹介のコーナーとかできたら最高ですね。目指すは“文化人”ということで(笑)」