かつて、家制度のシンボルとして、社会の隅々にまで浸透していた家紋は、現代社会にあっても形を変えて暮らしの中で輝いている。日本人の心と伝統美の中に溶け込んださまざまな家紋の姿を探る。
監修・文/楠戸義昭
1940年、和歌山県生まれ。毎日新聞社編集委員を経て歴史作家に。著書に『あなたのルーツが分かる 日本人と家紋』『日本人の心がみえる家紋』『城と姫』『山本八重』など多数がある。
パスポートの菊紋は政府の紋章。天皇家の紋とは微妙に異なる。:写真/起定伸行

 安倍首相が記者会見に使う演台には、皇室紋でもある五七桐紋が付いている。桐紋は明治以降、政府・内閣総理大臣の紋章となったからで、初代伊藤博文から使われている。パスポートの表は菊花紋だが、中面には桐紋がデザインされる。五百円硬貨にも桐紋が配されており、家紋は今も思わぬ所に生きている。

 国鉄はかつて、蒸気機関車の動輪の中に桐紋を用いた社章を用いていたが、民営化されJRとなると、JとRを組み合わせたロゴに変わって、家紋は消えた。

 また、地方自治体の紋章には、大阪府が太閤秀吉の瓢箪をアレンジし、金沢市が前田氏の梅鉢をベースにするなど、家紋が生かされている。

金沢市の市章
「梅鉢」

 家紋はスポーツにも生きている。2018年W杯の出場を決めたサッカーの日本チームの青いユニホームの胸には「三本足の烏」マークが輝く。これは熊野本宮大社の神紋であり、神武東征軍が紀州熊野から大和に攻め入る際、天照大神が遣わした八咫烏(やたがらす)が先導した神話にもとづく。古代中国の故事では、太陽には三本足(三本足の理由は不明)の烏が住んでいるとされ、三本足の烏は太陽を意味して家紋になった。極東に位置する日本は「日いづる国」と称され、太陽のエネルギーを表わす三本足の烏は、躍進のシンボルとして日本サッカーチームにふさわしい。

 2020年のオリンピックは東京に決まったが、その招致ロゴに使われたのが、たくさんの桜の花でリース(花輪)を描いたデザイン。女子美大生が「日本に再び活気が戻るように」と願い、「再び戻る」の意味があるリースに桜花をあしらった応募作品が土台になっている。花弁やしべが、どこか家紋の桜紋の雰囲気を感じさせる。 

『一個人 別冊 日本人の名字の大疑問』(2017年9月27日発売)より構成〉