武人画師 こうじょう雅之とは

 京都府宇治市出身。現在、古都京都を拠点に活動する、戦国時代/三国志等の歴戦の武人を墨を使って描く『武人画師』です。もともと日清カップヌードルのCM、井上雄彦先生によるバガボンド/宮本武蔵のライブアートを観た事をきっかけにアーティストとしての道を歩み始めました。

 2014年より本格的に水墨画で描く武人画アーティストとして活動を開始。とあるイタリアンシェフの料理からインスパイアされ、通常保護のために使用されるマットまでキャンパスにするという今までにない『枠を枠としない』独特の画法を確立し、この大胆な構図を用いた作品が話題を集めました。

 彼は『絵描きの未来を変えたい』という大きな目標を掲げ高校生による「LIVE ART甲子園」の開催を目標とし、世界で活躍する未来の日本人ライブアーティストを輩出し、その架け橋となりたい。という目標に使命を燃やしています。

 また、誰でもすぐに真似をして始められるよう、こうじょう雅之の道具は、幼い頃習字の時間に使用していた筆を使用するなど、全て「学生のお小遣い」「アルバイト代」でも買えるような道具にこだわっています。

次のページ オリジナルグッズの公認ショップがオープン!