モデルによっては色が違うだけで全然表情が変わるスニーカー。
だからこそ、色選びは慎重に行きたいよね。
そこで今人気のモデルごとに「おすすめのカラー&コーディネイト」を紹介。
ぜひ実際に試着に行くとき&購入時の参考にしてみて!

 

【STANDARD SNEAKER 001]
NIKE SPORTSWEAR
NIKE AIR MAX 97

ナイキ スポーツウェア
ナイキ エア マックス 97

 今年でちょうど20周年ということで、街でもショップでも目にする機会が多くなってきた、エアマックスシリーズの4代目モデル。独特の流線型のラインは、日本の新幹線からインスパイアされたんだとか。オリジナルはメタリックシルバーだけど、新作ではシックな色が多め。

 

COLOR 1
エアマックス97のグリーン
あえて知的な印象に落とし込む!

写真を拡大 スニーカー(エアマックス97)1万8000円/ナイキ スポーツウェア(NIKE カスタマーサービス)、 コーチジャケット1万8500円/ビーミング by ビームス(ビーミング ライフストア by ビームス コクーンシティ店)、ロンT 5500円/フルーツ オブ ザ ルーム(ダイヤモンドヘッド)、スラックス2990円/ウィゴー(同)、ソックス1800円/ロトト(ジャーミネイション)

【何にでも合う】★★★★
【人と被らない】
★★★☆☆
【今年っぽい!】
★★★★☆ 

グリーンといってもモスグリーンに近い、かなりダークめなトーン。エアマックス97の持つややエキセントリックなビジュアルに対し、逆にこういうシックな色使いをする「ハズシ」が、今季はおすすめだ。コーディネイトも大人っぽいアースカラーやベージュトーンでまとめ、「トータルで見るとキレイめなのに、足元をよくよく見るとカジュアル!」という意外性を狙って。

 

COLOR 2
エアマックス97のグレー
ポイントで色を効かせたスポーツMIXに

写真を拡大 スニーカー(エアマックス97)1万8000円/ナイキ スポーツウェア(NIKE カスタマーサービス)、 フリース1万2871円/ユナイテッド カラーズ オブ ベネトン(ベネトン ジャパン カスタマーサービス)、チノパン9000円/レッドキャップ(アドナスト)、キャップ5500円/マークゴンザレス(オージー)

【何にでも合う】★★★★★
【人と被らない】★★★☆☆
【今年っぽい!】★★☆☆☆ 

もっともスタイリングに万能性のあるグレーボディは、ブルーの差し色とのコンビネーションでリリース。今回はパープル×ブラックのブロックチェックが目を惹くフリースアウターに合わせたが、このような主張の強めなトップスのときに、バランサー役となってくれるので重宝する。ローテクのグレーでは受け止めきれない派手さも、前述の流線型デザインがそれを可能に。

 

COLOR 3
エアマックス97のゴールド
モノトーンスタイルのアクセントに

写真を拡大スニーカー(エアマックス97)1万7000円/ナイキ スポーツウェア(ナイキ カスタマーサービス)、コート3万7000円/ルイス(同・新宿店)、シャツ9200円/ビーミング by ビームス(ビーミング ライフストア by ビームス コクーンシティ店)、パンツ1万4800円/フリーレイジ(ポートオブコール 表参道)

【何にでも合う】★★★☆☆
【人と被らない】
★★★★★
【今年っぽい!】★★★★★ 

冬のコーデってどうしても地味めな色になりがち。でもこのゴールドなら、一気にスタイルを華やかにしてくれる。差し色効果があるのはもちろん、決してギンギラギンな金色ではなく奥ゆかしい色合いなので、スタイルの雰囲気を壊すことなく、うまく馴染んでくれるのもありがたい。時代の気分にもマッチしており、SJ編集部的には、今年買うならゴールドがイチオシだ。

 

結論としては、
・「さりげないオシャレ」ならグリーン
・「合わせやすさが第一」ならグレー
・「今っぽい色が欲しい」ならゴールド

となりました!
ぜひ、購入時の参考にしてみてくださいね!

 

【まだまだある!エアマックス97の新作情報はこちら】

【他のスニーカーのカラー&コーディネイトも見てみよう】