モデルによっては色が違うだけで全然表情が変わるスニーカー。
だからこそ、色選びは慎重に行きたいよね。
そこで今人気のモデルごとに「おすすめのカラー&コーディネイト」を紹介。
ぜひ実際に試着に行くとき&購入時の参考にしてみて!

 

【STANDARD SNEAKER 002]
new balance
MS574

ニューバランス
MS574

レトロランニングのスタンダードが今年は勝負に出た。ニューバランスの定番〈574〉のクラシックなデザインに最新のクッショニングを搭載、履き口もブーティに仕上げた新型がこの〈MS574〉。カラバリにも細かなコンセプトがあり(例えばカーキは山や森林をイメージ )、そこも知ると楽しい。

 

COLOR 1
MS574のバーガンディー
グレーワントーンでミニマルに!

写真を拡大 スニーカー(MS574)1万4400円/ニューバランス(同・ジャパンお客様相談室)、ステンカラーコート9900円/センスオブプレイス(同・バイ アーバンリサーチ キュープラザ 原宿店)、ニットパンツ8800円/フリークス ストア(同・渋谷)

【何にでも合う】★★★★★
【人と被らない】★★★☆☆
【今年っぽい!】
★★★☆☆ 

かなりダークトーンなバーガンディーなので、合わせやすさは問題なし。ここ最近「赤」はスニーカーのトレンドだが、あまりにヴィヴィッドすぎると使い道が限られてしまう。実際履くならこれぐらいさり気ない色みで合わせるのが良いだろう。そして派手すぎず地味すぎないという絶妙な立ち位置であるため、こういったミニマルなコーデのスパイス役にはピッタリだ。

 

COLOR 2
MS574のカーキ
グレーワントーンでミニマルに!

写真を拡大 スニーカー(MS574)1万4400円/ニューバランス(同・ジャパンお客様相談室)、ブルゾン8800円/アメリカンイーグル アウトフィッターズ(イーグルリテイリング)、セーター4400円/バックナンバー(ライトオン)、ジーンズ1万800円/フリークス ストア(同・渋谷)

【何にでも合う】★★★★★
【人と被らない】★★★★
【今年っぽい!】
★★★★★ 

適度にトレンド感もありつつ、合わせやすさについても申し分ない。しかも574といえばネイビーやモノトーン、赤などのイメージが強い中で、渋めな配色のカーキをチョイスすることで、ファッション的にこなれた感じも演出できる。ファースト・ニューバランスとしてはちょっと冒険かもだが「せっかくなら周りと一味違うモデルを履きたい!」と思うなら、ぜひ挑戦を。

 

COLOR 3
MS574のネイビー
 

写真を拡大 スニーカー(MS574)9800円/ニューバランス(同・ジャパンお客様相談室)、ローゲージニット4990円/セブンデイズサンデイ(同・ダイバーシティ東京プラザ)、シャギーネルシャツ2990円/ウィゴー(同)、コーデュロイパンツ1万3800円/ディッキーズ×グラミチ×フリークス ストア(フリークス ストア渋谷)

【何にでも合う】★★★★★
【人と被らない】★★☆☆☆
【今年っぽい!】
★★★☆☆ 

どんなコーデにも合うスニーカー…を考えたとき、古今東西様々なスニーカーが上がるが、おそらくコンバースのオールスター(特に白×黒)を東の横綱とするならば、西の横綱にはこのモデルを推挙したい。今回は合わせやすいがゆえ、個性を出しづらいデメリットもあるので、コーデュロイ地のパンツと合わせて、ちょっとヒネリを。まず買って、間違いない一足だ。

 

結論としては、
・「最初に買う一足」ならネイビー
・「今っぽくて合わせやすい」ならバーガンディー
・「周りと差をつけたい」ならカーキ

となりました!
ぜひ、購入時の参考にしてみてくださいね!

 

【まだまだある!ニューバランスMS574の新作情報はこちら】

【他のスニーカーのカラー&コーディネイトも見てみよう】