2007年、主演映画『クローズド・ノート』の超不機嫌会見が話題となった沢尻エリカ。その後、本人は大バッシングに晒されたこととなり、一時は干されかけたものの、その後も映画、ドラマ出演と業界から決して消えてはいない。あの騒動の後、本人はどうしていたのか。『生き残る芸能人のすごい処世術』を上梓したばかりの芸能ジャーナリスト・城下尊之が紐解く(記事は本文より)。
「別に…」「特にないです」で大バッシング。

噂は以前から流れていた

 沢尻はその態度の悪さで、大きなバッシングを受けた。

 実は、「別に……」という態度には伏線があったとしたらどうだろう。

 当時の彼女は、井筒和幸監督作品「パッチギ!」で新人賞を総なめにした後の主演作品。映画の製作サイドも腕まくりで、全国のローカルテレビ局まで回るプロモーションを展開した。

 すでにその段階でマスコミの中では、「沢尻、けっこう怖いゾ」という評判が流れていた。見えない疲労もあるのか、作品や女優業の話以外のプライベートを尋ねると、露骨にイヤな顔をする。それでも食い下がる相手にはムッとして答えないというわけで、本当に泣いてしまった女子アナも数人いたようだ。

 そんな中での舞台挨拶。直前にそのイベントの司会を担当したフリーの女子アナが、当時の沢尻の所属事務所の先輩だというので「私にまかせておきゃ、大丈夫よ」と、初対面なのに“先輩風”を吹かせてしまったという。ステージに上がった時には沢尻の怒りは頂点の状態だったようだ。

 で、あの超不機嫌な態度である。

 これは、その司会者に向けて、「アンタの質問には返事をしないよ」ぐらいの意思表示だったのだが、テレビでそれが放送されると、視聴者に対する態度と受け取られて悪評が盛り上がってしまった。

 そこから沢尻の迷走が始まるのだが、仕事の面では難しい状態が続き、プライベートでは“ハイパーメディアクリエーター”高城剛氏との結婚、離婚、海外生活など、マスコミを賑わせる、いわゆるお騒がせ女優になってしまった。才能ある美人女優だけに、非常にもったいない。

次のページ 最速記録の3カ月で続編がスタート