イラスト/フォトライブラリー
江戸の性事情』(ベスト新書)が好評を博す、永井義男氏による寄稿。

 江戸時代、女の結婚年齢は低かった。極端な言い方をすれば、初潮さえすめば、もう嫁入りさせる例もあった。 
 さらに、武士や庶民を問わず結婚には必ず仲人を立てるが、結婚を成立させると謝金(手数料)をもらえるため、いい加減な仲人も多かった。とくに見合いもせず、仲人の言葉だけを信じて、事前に顔を見ることもなく結婚する男女は少なくなかったから、往々にして悲劇もおきた。
 仲人のいい加減さが招いた悲劇が『新著聞集』に出ている。

 寛文元年(1661)、八丁堀にすむ六十余歳の医師が妻を迎えたが、十六歳の娘だった。新妻は亭主が高齢なのを知って愕然とし、隣家の老婆に訴えた。
「相手がこんな年寄とは夢にもしらなかったのです。仲人にだまされました。かといって、いまさら親の元に帰るわけにはいきません。わたしは首をくくって死んでしまうつもりですが、どうやってやればよいのかわかりません。わたしが死んだら、手箱に二十両あるので、この金を差し上げますから、首のくくり方を教えてください」
 初めのうちこそ老婆は、「夫婦は縁だからね。これも結びの神の引き合わせだよ。死ぬだなんて、言うんじゃないよ」と、しきりになだめていた。しかし、二十両という金額を聞くにおよび、にわかに欲が出てきた。

次のページ 首つりの方法を指南しようとする老婆、しかし……