からだの不調の原因は、じつはあなたの「家」にあるかもしれません。たとえば毎年冬になると風邪をひいてしまう。そんな人はからだではなく「家」に問題を抱えているケースも多いのです。家とからだの深い関係を紐解いた新刊、『「病気にならない家」6つのルール』より最低限おさえておきたいポイントを紹介しましょう。

健康な家のために必要な4つのポイントと6つのルール

「病気にならない家」「健康に過ごせる家」とは、どんな家なのでしょうか。そこでポイントとなるのが温度・湿度・空気・音の4つです。

▼温度・湿度・空気・音が4大条件

 先に述べた「室温と血圧」「室温・湿度とウイルス」「室内空気とアレルギー疾患」からもわかるとおり、温度、湿度、空気の変化によって、体の調子も変化します。

 具体的には、室温や湿度が低すぎたり、高すぎたりすれば体調を崩しますし、室内の空気が汚れていれば、大気汚染による公害と同じように、病気になるのは当たり前のことです。

 さらに配慮すべきなのが「音」です。

 車や電車の走る音や、隣や上の階の音など、不快な音が聞こえてきたり、反対にテレビの音や家族の声など聞きたい音が聞こえなかったりすると、それは大きなストレスになります。ストレスは知らず知らずのうちに蓄積して、心身の不調を引き起こすもの。ストレスが少ない生活を送るためには、生活環境の音にも配慮が必要です。

 以上のように、心身に優しい温度・湿度・空気、そして音の適切な大きさが保てることが、病気にならない家に必要な条件と言えます。

 
次のページ ▼実践すべき6つのルールとは?