子どもがひとり風邪を引くと、他の兄弟たちにあっという間にうつってしまう。また、お母さんの調子の悪さがすぐ子どもたちにうつってしまう。そんなご家庭はないでしょうか。じつは、からだの不調の原因は「家」にあることが多いのです。『「病気にならない家」6つのルール』から、ひも解いてみましょう。

ひとりが風邪を引くと家族全員にうつる家は危ない!

 

 家族の誰かひとりが「コホン、コホン」と咳をし出すと、ひとり、またひとりと風邪がうつっていって、結局、家族全員がダウン……ありがちな光景です。
 しかし実は、これも換気不足で起こる現象のひとつ。

「1回の咳で約10万個のウイルスが2メートル飛ぶ」「1回のくしゃみで約100万個のウイルスがばらまかれる」と言われます。そのまま風邪やインフルエンザのウイルスが室内を舞っていたら?住んでいる人全員が感染してしまうのも時間の問題です。

 そうならないためには、マスクなどでウイルスの飛散を防ぐと同時に、換気をしてウイルスを外に逃がし、部屋のなかに新鮮な空気を取り入れなければいけません。

 
次のページ ▼「独特のにおい」がある家も要注意