1回政権を投げ出した首相

適菜 吉田さんは安倍の危険性にいつ頃気づかれたんですか?

吉田 最初はわかんなかったね。いつ頃だろうね、振り返ると。そもそも変だなと思ったのは、1回政権を投げ出した人が、なぜ再び政権のトップに立てるのかと。動物的勘というと大袈裟だけど、そんなバカな話はないだろうと。これはA級戦犯が総理大臣になるのと匹敵すると思う。どんな裏があるのか、裏があるのかないのかすらわからないけど。

適菜 キャリア的にもかなり異例ですね。

吉田 異例中の異例ですよ。

適菜 安倍は真面目に勉強したことがない人です。学歴でどうこう言うつもりはありませんが、小学校から大学までエスカレーターで行っているので、義務教育レベルの知識がすっぽり抜け落ちている。過去の発言を調べて驚愕したのですが、三権分立もポツダム宣言の経緯も理解していない。それで「戦後レジームからの脱却」もないでしょう。子供の頃から勉強が大嫌いで、憲法の問題もわからないし、政治の基本もわからない。要するに外車を乗り回していたニートでしょう。でも不幸が重なって、総理にまでなってしまった。

吉田 親(安倍晋太郎)から「情がない」って言われちゃうのはすごいよなぁ。でも、お友達には情があるわけですからね。見返りがあるからなんだろけど。安倍昭恵さん問題も、あれでいいのかなと思います。結局、森友・加計問題の本質は、朴槿恵さんと同じでしょう。日本のメディアも国民も、本当にわかってんのか、わからないふりをしているのか疑問です。

次のページ 買収オリンピック