【身代わり蛙】

 

授与所 木之本地蔵院

ご利益 目と心身の健康

初穂料 1000円(税込)
 

 手のひらにずしり、存在感のある陶器の蛙。お守りのイメージからするとやや大きめだが、なんとも表情がユーモラス。そう、片目を瞑(つむ)って、ウインクしているのだ。

 木之本のお地蔵様で知られる木之本地蔵院の「身代わり蛙」は、お地蔵様の使いといわれ、目と心身の健康を守ってくれるという。人々がご加護をいただけますようにと願をかけ、自分は何もできないけれど、願いが叶うまで、せめて片目を瞑って祈る、そんな健気な思いが込められているそうだ。

 

 木之本地蔵院は、およそ1300年前の創建と伝わる。ご本尊の地蔵菩薩は秘仏であり、そのお姿を見ることはできないが、地蔵堂の横に、ご本尊のお姿を写した大地蔵尊がある。この大地蔵尊の足元に、数えきれないほどの「身代わり蛙」がぎっしりと並べられているが、これはすべて、お参りした人々が奉納したもので、蛙のお腹に名前と数え年が書かれている。

 皆、同じ姿なのだが、人々の思いが込められているからだろうか。一体一体、見つめていると、それぞれ表情がって見えるから不思議だ。ちょっと笑っているようなユーモラスな顔で、“大丈夫だよ”と囁いてくれるように思えて、なんだか安心して、嬉しくなる。

 

木之本地蔵院
住所:滋賀県 長浜市 木之本町 木之本944
TEL:0749-82-2106
時間:8:00 ~17:00(最終受付)
URL:www.kinomoto-jizo.com/