●性産業、そこに従事する人の誤解を解く

 日本では、まだまだ性産業、およびそこに従事する人たちへの偏見があり、正しい理解が得られていないという現状がある。「性風俗で働くことは間違ったことであり、一刻も早く辞めるべきである」と。だが一方で、性産業が社会的保証を受けられない人に対する「養護」装置となっているという一面もあるのだ。

 童養護施設や里親家庭を退所した方の相談支援事業を行っているアフターケア相談所「ゆずりは」所長の高橋亜美さんから、アフターケアの現場から見えてくる社会的養護と性風俗の関係、そして性風俗の世界で働く若者に対して支援者が取るべき姿勢について、話をうかがった。

「セックスワーク・サミット2017秋」より。前編〈「社会保障は性風俗に敗北した」を考える〉に続く後編。

 
次のページ 「どうやったら働かないで済むか」だけではなく