メンズヘアの要である“バング(前髪)”の上手なセットの仕方をSJ専属モデル達の髪型を参考に、毛質と毛量別にレクチャー!今回は、サマンサタバサメンズモデルオーディショングランプリ・水瀬凌くんが、爽やかな女子ウケバングに仕上げるコツを伝授!

 ビフォー           ショートヘアのサイドをやや刈り上げたソフトツーブロック。髪の量は多すぎず少なすぎず、髪が細いため、スタイリング向き。

 


 
 
サイド
バック
 

ベース 毛先に動きを出した

正統派“ネオ7:3分け”!

まず、全体にワックスを揉み込み、前髪を7:3にざっくりと分ける。この時、ハードタイプのワックスを選んで、ざっくりと形を作ると上手に仕上がる。

その後、毛束感を出したいので表面の毛をすくい、毛先をゆるく円を描くようにつまんでスプレーで固める。毛量は少なめにとり、細かく動きを出すのがポイント。毛先は色々な方向に散らすと今っぽい。

髪を梳いているレイヤーの入ったヘアスタイルの人は、毛先の動きを出しやすいので、最後にスプレーで動きを出すくらいが、やりすぎず自然にまとまっておしゃれに。

初心者は、毛先をつまむ指に直接ハードスプレーをかけ、乾かないうちに毛先をきゅっとつまむと失敗知らずに!