お客さんを笑わせる、楽しませる。その本質はお笑い芸人もユーチューバ―も同じ。最近TVでめっきり姿を見かけなくなったヒロシさんはユーチューバーに転身していた!? 「余計なしがらなみがない」とその魅力を力説してくれました。

ユーチューバ―は自分の力だけが試される実力世界だ 

 結局お笑い芸人もユーチューバーもやっていることは同じだと思うんです。両方とも要は面白いと思われることをしているんですよ。

 

 でもお笑いの場合は余計なしがらみがあって「ヒロシです」をやるときも、僕が発信者で受け手は一般の人なわけですが、この間にいろんな人がいる。ネタにしても色々こねくり回されてしまう。だったら一般の人のニーズを直で受け取れるユーチューブの方がいいんじゃないかと思うんです。

 前にも言いましたが、僕に息子がいたら「ユーチューバーになれ」と言いますね。芸人とかの浮ついた夢を追うぐらいなら。

 
次のページ スベった時の痛みもないですし!