今や社会人として、中堅どころに差し掛かってきている「ロスジェネ世代」。上司世代(バブル)と部下世代(ゆとり)に挟まれてどちらともジェネレーションギャップ感じているけれど、その違和感は「学生時代の経済事情」が大きく影響している?現役大学生である「さとり世代」を含む、「4世代論」で徹底比較!第2回は「学生時代の仕送り額」でランキングし、比べてみた!

写真を拡大 実家からの仕送りは、今も昔も学生にとっての「命綱」。最近はその金額も減少傾向とあるが、果たしてーー?

第1回「学生時代の貯金額ランキング」はこちらから

 

1位
バブル世代
平均 15.1万

バブル崩壊前に入社。基本的に若いときは遊んでナンボと考え、保守的な下の世代には不満も。お酒を飲めばあの頃は良かった話に華が咲く。

前回の貯金額に続き、ここでもバブル世代の「圧勝劇」に。一体この世代はどれだけ裕福な生活をしていたのか…ロスジェネ世代以下にとってみると、なんとも恨めしい話で…。「僕の場合は、家賃と生活費で25万くらいもらっていました(49歳・会社社長)」「月々20万の仕送りの他に、お金が足りなくなったら、母親に電話して、さらに20万くらい追加してもらうこともありましたね(51歳・会社役員」

 

2位
ゆとり世代
平均 9.2万円

20代後半〜30代前半のいわゆる「ゆとり教育」を受けた世代。個性重視で自分らしくあることが第一。とはいえ、キャリアアップには貪欲。

ここにきてグッと半減。とはいえ約10万円ならまずまず。彼らの学生時代はアベノミクスの影響でやや景気が上向いていた時代、というのもあるが、むしろバブル世代を親にもつことも少なからず影響しているようで…。「親がこれぐらいは必要だろう、と月々10万円弱は振り込んでくれていた(29歳・会社員)」「平均すると8万ぐらいかな。めちゃくちゃ安い家賃のところに住んで、あとは自分の趣味に全投資!(31歳・WEBデザイナー)

 

3位
さとり世代
平均 7.8万円

現役の大学生世代。生まれた時から不況なので、人生設計がシビア。若いからといって無茶なことはしない。4世代では一番金銭感覚はマトモ?

今回の調査では、現役世代の8割以上が実家からの仕送りをもらっているとのこと。そして平均して家賃の半額〜家賃相当分を送ってもらっている大学生が多数。「今は親に頼っているんですが、将来就職したら少しずつでも返していけたらと(19歳・専門学生)」「今は月6万円ぐらい自分の口座に振り込んでもらっています。そのまま家賃分、って感じで、やっぱ遊ぶお金はバイトで稼ぐしかないですね。当たり前のことですけど」(20歳・学生)

 

4位
ロスジェネ世代
平均 4.9万円

30代後半〜40代前半が中核で、いわゆる“松坂世代”とも重なる。そろそろ会社でも中堅クラスだが、給料は増えず、仕事量だけが増えていく…。

貯金額に続き、ここでもバブル世代にトリプルスコアの差をつけられてしまった哀しきロスジェネ世代。もちろん10万円前後の仕送りをもらっていた人もいたにはいたが、数字をならすとやはり他の世代に比べて額の少なさが際立つ。「仕送りは多くて5万、少ないときは3万くらいでやりくりしていました(37歳・会社員)」「学生時代は午後から深夜までアルバイトをして、なんとか生活を成り立たせていたっけ…(40歳・公務員)」

 

右肩下がりと言われる学生の仕送り額だが、実際は景気や親世代に
合わせてアップダウンしているもよう。あなたの学生時代はどうでしたか?